logo

802.15.4ワイヤレスゲートウェイ、アダブタの新バージョンを発表

XBeeモジュールと併せて、ポイント・ツー・マルチポイントソリューションを提供

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、ジョー・ダンズモア代表取締役)は、本日、ドロップ・イン ネットワークソリューションを実現する製品として、既存のXBeeおよびXBee-PRO 802.15.4 RFモジュールと互換性のある、ConnectPort X ゲートウェイ、XBeeアダプタ、開発キットの新バージョンを発表しました。


今回の新製品を合わせて用いることによって、カスタマは、配置された電子機器群をワイヤレス化でき、また遠隔監視できるようインターネットに接続することができます。このソリューションは、レイテンシーを気にする低電力RFアプリケーションに対して理想的なポイント・ツー・マルチポイントのワイヤレスコネクティビティをサポートします。今回の新製品は、有線インフラが存在しない、あるいは顧客ニーズを満たすことができない場所にある商用機器のネットワーク化を実現するためのハードウェアコンポーネントとソフトウェアツールを一体化したドロップ・イン ネットワークの製品ラインにおいて、すでにDigiが持つZigBeeメッシュネットワークソリューションに新たに加わるものです。


「カスタマは、ワイヤレスソリューションを求めて弊社にアクセスします。私たちの802.15.4 ドロップ・イン ネットワーク製品なら、特に応答時間の予測が求められる場合に、センサやデータロガーといったエンドポイントをセルラーネットワークで中央のアプリケーションにコスト効果高く接続するのに最適です」と、Digi Internationalのグローバルセールス・マーケティング上級副社長であるラリー・クラフトは話しています。


「Digiは、マルチポイントRFネットワークの構築・拡大を考えるカスタマに提供する幅広く強力な製品の商品化において、当社のIEEE 802.15.4アーキテクチャを用いてきました。ConnectPort Xゲートウェイは、私たちのIEEE 802.15.4のカスタマにIPコネクティビティソリューションを提供します。すぐに使えるこのゲートウェイは、自社での設計・認証による負担を取り除き、市場投入をスピードアップします」と、フリースケール社のWireless Connectivity Operationマネージャであるブレット・ブラック氏は話しています。


Digiの802.15.4ファミリは次の製品から構成されます。


●XBee 802.15.4モジュール……センサやその他のデバイスの組込みワイヤレス化を実現。レギュラーレンジと拡張レンジの2バージョンが入手可能。
●XBee 802.15.4アダプタ……すでにフィールドに配備されている既存の機器をワイヤレス化する方法を提供。レギュラーレンジと拡張レンジの2バージョンが入手可能。
●ConnectPort Xゲートウェイ……カスタマが有線ネットワークインフラの必要なくフルにワイヤレスの配備を構築できるよう、セルラーやWi-Fi、イーサネット上の802.15.4デバイスへのIPコネクティビティを提供。
●ドロップ・イン ネットワーク開発キット……カスタマがこれらの異なる製品の選択肢から、即座に実現可能なシステムを構築することが可能。


802.15.4製品群のすべてが現在入手可能です。ドロップ・イン ネットワークの詳細は、リンクをご覧ください。ワイヤレス機器とセンサを使いこなす方法に関するフリースケールとのWeb上でのセミナーは、リンクにアクセスしてください。


■ワイヤレスジャパン2008で展示ならびに10,000円開発キットを販売


なお、当社は7月22日~24日に東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン20008」に出展し、今回の製品をブースで紹介します。また、会場限定プロモーションとして、ドロップ・イン ネットワーク開発キットを10,000円(税込)の特別価格(数量限定)で提供する予定です。詳細は、リンク


■Digi Internationalプロフィール
1985年に設立されたディジ インターナショナル社は、米国ミネアポリスに本拠を持つ、ビジネス向けデバイスネットワーキングのリーディングカンパニーです。ネットワークやWebを介してローカルもしくはリモートの電子機器に接続するあるいは安全に管理するための信頼性のある製品とテクノロジーを開発します。ディジは、性能、柔軟性、品質の最高水準を提供し、世界的なネットワークの販売代理店やリセーラ、システムインテグレータ、OEMを通じて製品を届けます。
Digi Internationalの詳細は、リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事