お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エイサー、データプロジェクター プロフェッショナルシリーズ DLP(R)テクノロジー搭載 「P3250/P5280」 7月11日より順次発売

 エイサー(acer本社:台湾・台北)は、当社データプロジェクターの新製品「P3250」「P5280」を、2008年7月11日より順次発売いたします。


2008年6月30日
日本エイサー株式会社
================================================              
エイサー、データプロジェクター プロフェッショナルシリーズ
DLP(r)テクノロジー搭載 「P3250/P5280」
7月11日より順次発売
================================================              

 エイサー(acer本社:台湾・台北)は、当社データプロジェクターの新製品
「P3250」「P5280」を、2008年7月11日より順次発売いたします。



P3250 モバイル高性能モデル

■A4サイズの約半分、軽量で洗練されたデザイン
モバイル用途に活用しやすいA4サイズの約半分(210mm×165mm×64mm)、重量も1.2
kgのコンパクトサイズ。光沢ホワイトを基調にした高級感のある、筐体デザインを
採用しました。

■コンパクトサイズで、充実した性能を搭載
画素数XGA(1024×768)、コントラスト2000:1、輝度2000lmなど高い基本性能を
搭載。さらにインターフェースには対応機器を拡げるHDMITM 端子を装備していま
す。



P5280 高機能搭載ハイスペックモデル

■高機能を搭載したハイスペックモデル
画素数XGA(1024×768)、コントラスト2000:1、輝度3500lmなど高い基本性能を
搭載。対応機器を拡げるHDMITM 端子をはじめとする充実したインターフェースを装
備しています。



■オリジナルテクノロジーと、最新テクノロジーの融合により、色鮮やかで、ダイナ
ミックな映像表現を実現
映像のクオリティを高めるDLP(r)テクノロジーを搭載。さらにエイサーオリジナルの
6分割カラーホイールと、カラーブーストテクノロジーにより、明るく鮮明なカラー
表現を実現します。

■使いやすさを実現する、エイサー empowering(エンパワーリング)テクノロジー
を搭載
eView(イービュー)マネジメントにより、ご利用環境、投写内容によって映像品質
を、6つのモードから選択、簡単に設定することができます。
さらにプレゼンの時間管理にも役立つ、eTimer(イータイマー)マネジメントを活用す
ることで、投射画面上でカウントダウンタイマーを表示して、管理することができま
す。

■環境にも配慮したECO MODE(エコモード)機能を搭載
暗所などでの鑑賞が可能な状況では、エコモードに切り替えることで最適な輝度に落
とし、消費電力の低減、ランプ消耗の低減、ノイズの低減効果が望めます。


■安心の国内サポート、2年間の製品保証
製品保証は、2年間センドバック無償修理(ただしランプモジュールは、1年間以内、
かつ使用時間   500時間以内を対象)。 安心の国内サポートで、修理受付か
ら、修理作業まで、専門スタッフが対応いたします。


型番:P3250   モバイル高性能モデル
    P5280   高機能搭載ハイスペックモデル
店頭想定売価:オープンプライス
製品仕様:後述で、詳細スペックを記載
発売開始予定:2008年7月11日


■エイサーについて

acerは、1976年に台湾で創立、情報産業の礎としてコンピュータ業界をリードし、欧
州でそのブランドを進化させてきました。現在、欧州ではトップクラスのブランドと
なり、世界規模では第3位のPCベンダー(ノート  市場では世界第2位)として成長
しました。Acerのビジョンとして、次世代PC管理プラットフォーム「Empowering
Technology」、さらにその先にある人と技術の間の障壁を取り除く「Empowering
People」を   コンセプトに掲げ、人々のライフスタイルを強化するテクノロジー
の提供を第一に新しいITブランド企業を  目指しています。
*2008年3月4日、acerが世界のノート市場での出荷数で2位にランクインしたことが
発表されました。


■エイサージャパンについて
□商 号日本エイサー株式会社
□所在地東京都港区赤坂 4-9-6 タク・赤坂ビル3F
□代表者代表取締役社長 ボブ・セン
□設 立1988年2月
□資本金2億円
□事業内容 パーソナルコンピュータ、周辺機器、電子機器類、
及びデータ通信機器類等のハイテク用品卸販売
□URLリンク

関連情報
http://www.acer.co.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。