logo

ブラジル人向けの地域密着型生活情報を掲載したポルトガル語版携帯電話向けwebサイト「Vida no Japao」提供開始のお知らせ

株式会社ヴィーダ(本社:静岡県湖西市、代表取締役:杉本 等、以下ヴィーダ)は、ブラジル人の日本での生活をサポートするポルトガル語の携帯電話向けwebサイト「Vida no Japao」の提供を始めます。2008年7月3日にYahoo!ケータイとEZwebの公式メニューサイトとしてスタートします。

サイトをオープンするにあたり、対象エリアを静岡県・愛知県・岐阜県・三重県の東海四県を中心に拡げ、各地域の公的情報(自治体情報・防災情報・行政手続・医療情報・イベント情報)などを、県や市町村・国際交流協会の協力のもとに提供していきます。その他のコンテンツは、求人・不動産・グルメ・レジャー・ショッピング・中古車・旅行・金融などの地域密着な生活関連情報、医療・健康・保険・教育・子育て・法律などの各種Q&A、JORNAL TUDO BEM(新聞)・Radio Fenix(インターネットラジオ)・Revista BOA DICA(フリーペーパー)のメディア情報などのコンテンツで構成されます。
 
当サイトは、Yahoo!ケータイとEZwebの公式メニューサイトとしてオープンし(iモードは公式メニューサイト化時期未定)、公的情報は無料閲覧、その他のコンテンツは有料となり、有料コンテンツの閲覧は会費として月額315円(税込)が必要となります。また、当面Radio Fenixは文字情報のみの提供となりますが、環境が整い次第、オンデマンドで音声と動画の番組が視聴できるようになります。その際、番組視聴には、月額210円(税込)の追加会費が必要となります。

現在情報提供の合意を得ている自治体は、愛知県・三重県・湖西市・磐田市・菊川市・豊橋市・西尾市・四日市市・鈴鹿市・伊賀市・大垣市・可児市・大泉町となっており、国際交流協会は、浜松国際交流協会・豊田市国際交流協会・四日市国際交流協会・伊賀市国際交流協会となっております。現在、他の自治体や国際交流協会とも、情報提供で協力していただけるように、交渉を進めています。

ヴィーダでは、「Vida no Japao」を通して、日本社会と日系ブラジル人とが共生できる新しい社会構築の架け橋となるべく、サイトコンテンツの構築・運営に邁進していきます。また、情報の提携、広告の申し込みおよびビジネスの提携などを積極的に受け付けています。
報道関係の皆様におかれましては、ぜひ告知等のご協力を頂きたくお願い申し上げます。

◆株式会社ヴィーダについて
株式会社ヴィーダは、浜松市を中心とした遠州地域に暮らす日系ブラジル人の方に役立つ情報を携帯電話サイトで提供することなどを目的に、遠州地区の若手経営者ら14名が出資し、2008年3月27日に設立しました。日本で生活していくために必要な情報を提供していくことで、日本人の側から外国人の方々との共生を推進していきます。

以上

<報道関係からの本件に関するお問い合わせ先>
株式会社 ヴィーダ 代表取締役 杉本
TEL,FAX:053-579-1903/E-mailアドレス:press@celular.jp

このプレスリリースの付帯情報

ポルトガル語携帯webサイト「Vida no Japao」画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事