logo

第4回 インターネット関連業界の職種別給与調査 営業職の平均年収 581万円、マーケティング職の平均年収 508万円 ~マーケティング職は20代後半~30代後半の年収の伸びが顕著~

     ~第4回 インターネット関連業界の職種別給与調査~
    営業職、マーケティング職それぞれ100名にアンケートを実施

           営業職の平均年収 581万円
         マーケティング職の平均年収 508万円

    マーケティング職は20代後半~30代後半の年収の伸びが顕著


 ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役兼CEO:木崎 秀夫)が運営する、「インターネット」に強い転職サイト『イーキャリアプラス』は、2008年6月10日~6月12日の3日間、インターネット関連業界に勤務する営業職の方、マーケティング職の方それぞれ100名に給与アンケートを実施いたしました。

=アンケート総括=
 本調査での、インターネット関連業界に勤める営業職の平均年収は581万円、マーケティング職の平均年収は508万円となりました。今回の調査結果は、本年3月に実施した同様の調査に対し、営業職は540万円から41万円増え581万円に、マーケティング職も505万円から508万円へと増加し、業績賞与の影響が大きく反映される営業職では、前回調査結果との開きが見られました。いずれも、国税庁の民間給与実態統計調査(平成19年9月発表)による民間平均給与435万円よりも高く、同時に営業職の581万円は、民間給与実態統計調査での業種別平均給与で、最も平均年収額が高い、金融保険・不動産業の563万円を上回ることがわかりました。

 年代別の年収推移では、マーケティング職の20代後半~30代後半の年収の伸びが顕著で、20代後半の355万円から30代後半の658万円へと堅調な年収増加が読みとれます。また、営業職では30代前半の605万円が突出していますが、同部門で役職者となる人が、この年代に集中していることが大きな要因になっていると読みとれます。なお、今回の調査では、主任・係長クラスの平均年齢が32歳となりました。厚生労働省発表による係長クラスの平均年齢が42.9歳(※)(厚生労働省:平成18年賃金構造基本統計調査)であることを考えると、インターネット関連業界では他業界よりも昇進スピードが速いことが読み取れます。

 また、両職種における平均転職回数は、営業職が1.9回、マーケティング職が2.1回となり、転職前に経験している業界では、両職種ともに転職後と同じインターネット関連業界からが4割を超え、その他メーカーやサービス業からの転職者が比較的多いようです。
 なお、本調査は『イーキャリアプラス』が定期調査として企画している「インターネット関連業界の職種別給与調査」として実施しているもので、本年3月に実施した同様の調査に続くものです。当社では今後も継続的に同給与調査を実施していく予定です。
※厚生労働省の平成18年賃金構造基本統計調査では、課長クラスを最下級として発表しています。


■平均年収
・営業職 581万円
・マーケティング職 508万円

■平均経験年数
・営業職 4.9年
・マーケティング職 4.1年

■主任・係長クラスの平均年齢
・全体平均(営業職・マーケティング職合計) 32歳

■現在の会社に就職するまでの経験業界
【営業職】
・インターネット関連:40%
・メーカー:23%
・サービス業:20%
【マーケティング職】
・インターネット関連:43%
・通信・マスコミ:20%
・メーカー・サービス業:18%

■平均転職回数
・営業職 1.9回
・マーケティング職 2.1回

【インターネット関連業界の職種別給与調査 調査概要】
■調査方法  :インターネットアンケート
■実施期間  :2008年6月10日(火)~6月12日(木)
■対象地域  :全国
■対象者   :男女200名
■回答者属性 :インターネット関連業界勤務
        営業職・マーケティング職 各100名
【会社概要】
■会社名   :ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社
■代表者名  :代表取締役兼CEO 木崎 秀夫
■設立    :1999年9月30日
■所在地   :東京都中央区日本橋浜町3-21-1 日本橋浜町Fタワー16F
■業務内容  :インターネットを利用した転職情報サイトの開発および運営
■ホームページ:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。