logo

GPS機能のあるモバイル機器は2012年に世界で8億3000万台を上回る

消費者は、当分は携帯電話のナビゲーションサービスよりPNDを好むだろう

米国の調査会社パークスアソシエイツ社は出版レポート「 GPS技術と機器市場調査:市場と技術、メーカー、サービスオペレータ、利用者の分析 - GPS: A Path to New Applications on Mobile Devices」のプレスリリースにおいて、GPS機能搭載モバイル機器は、今後5年間は40%近くの年間成長率で上昇し、2012年に世界で8億3400万台を上回るという予測結果を発表した。

GPS機能のあるモバイル機器は、今後5年間は40%近くの年間成長率で上昇し、2012年に世界で8億3400万台を上回るだろうと、米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「GPS技術と機器市場調査:市場と技術、メーカー、サービスオペレータ、利用者の分析 / GPS: A Path to New Applications on Mobile Devices」は報告する。

この調査レポートは、パーソナルナビゲーションデバイス(PND)、携帯電話、スマートフォン、ポータブルメディアプレイヤー、PDAなどの様々なモバイル機器を調査している。2012年までは、携帯電話やスマートフォンが出荷数の大半を占めるが、PNDは今後3年間、ナビゲーション利用の選択肢として広く利用されるようになるだろうとパークスアソシエイツ社のシニアアナリストHarry Wang氏は語る。

「GPSは移動体端末の標準装備となるだろうが、携帯電話会社がマスマーケットにおいて、GPSで収益を得ることができるのは2、3年後になるだろう」Wang氏は語る。最近、画面が大きくなり、より安価で多機能になったために、消費者はPNDを選択している。

「携帯電話のナビゲーションサービスの利用は、PNDやGPS機能のあるモバイル機器に追い越されるだろう。キャリアは、使いやすく革新的なサービスと収益モデルによって、消費者の関心と利用を高めることができるだろう」とWang氏は語る。

調査レポート「GPS技術と機器市場調査:市場と技術、メーカー、サービスオペレータ、利用者の分析」は、GPS機能のあるモバイル機器に関する調査を行い、主要なモバイルナビゲーションプラットフォームの市場トレンドと、ハードウェアメーカーやサービスオペレータ、そして最終的には利用者である消費者の、GPSなどの付加価値のあるコンテンツやサービスの採用を分析している。

[調査レポート]
GPS技術と機器市場調査:市場と技術、メーカー、サービスオペレータ、利用者の分析
GPS: A Path to New Applications on Mobile Devices
リンク

パークスアソシエイツ社 (Parks Associates)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

GPS機能搭載携帯機器の出荷台数予測 - 2007-2012年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事