logo

ハイビジョン“ハンディカム”『HDR-CX12』新商品発表

世界初※動画と同時に『笑顔』の写真が自動で撮れる!「スマイルシャッター」機能を搭載した、手のひらサイズのハイビジョン“ハンディカム”『HDR-CX12』-7月20日(日)発売予定-
※民生用ビデオカメラとして(2008年6月広報発表時 ソニー調べ)


ソニーマーケティング株式会社は、デジタルハイビジョン“ハンディカム”の新商品「HDR-CX12」を7月20日(日)に発売いたします。
「コンパクト×高画質×使いやすい」が商品コンセプトになっているCX12は、約450g(撮影時総重量)の手のひらに収まる
コンパクトサイズでありながら、ノイズの少ない高精細なハイビジョン画質で録画できます。
また、“サイバーショット”で好評をいただいている「スマイルシャッター」機能をビデオカメラに初めて搭載します。
静止画撮影画質も充実しており、最大1020万画素相当での記録が可能。動画撮影中の静止画保存も最大760万画素相当と、
デジタルスチルカメラに劣らない高画質記録を可能にしました。
動画も静止画もCX12が一台あれば、夏休みの旅行や、秋の運動会や日常にと大活躍。思い出のシーンを色鮮やかに残すことができます。

●世界初!「スマイルシャッター」機能搭載● ※民生用ビデオカメラとして(2008年6月広報発表時 ソニー調べ)
動画を撮影中に、笑顔を検知し自動でシャッターが落ちるため、被写体の自然な笑顔を静止画で残すことができます。
笑顔の検出感度や、子ども優先・大人優先といった優先被写体設定の調整も可能。
撮影した動画から切り出す手間なく、静止画と動画の両方で笑顔の瞬間を保存できます。
 
●「顔検出」機能がさらに高性能に●
動画も静止画も、自動で顔を認識し、ピントあわせまでカメラが自動でおこなってくれるので、誰でもカンタンに撮影ができます。
明るさや美肌コントロールもビデオカメラにお任せ。最大8人の顔を検出してくれるので、大勢を撮影するときでも便利です。
また、撮影後、付属ソフト「Picture Motion Browser」を使って、画像をPCに取り込むと、ソフト側で顔の特長を捉え、その分析結果に基づき、
類似した画像を抽出してくれます。液晶画面にサムネイルで表示された顔の画像にタッチすれば、そのシーンを見ることができます。
お目当てのシーンを探すために、頭から再生・・・などという必要はありません。

●静止画で最大1020万画素相当の高画質は業界No,1!●
静止画記録最大1020万画素相当とCX12はデジタルスチルカメラ並みの高画質を実現しました。
これまでは撮影した動画の中から気に入ったシーンを選んで、静止画に切り出していましたが、CX12は動画撮影中に静止画として保存が可能、
しかも最大760万画素相当と、業界No.1の高画質で記録できます。

●8GBの“メモリースティック”が同梱●
ハイビジョン画質で最大約3時間(LPモードの場合)記録できる“メモリースティック”を同梱。
別売りの“メモリースティック”を買い揃えなくても、買ったその日から、すぐに撮影・保存を楽しむことができます。
標準画質なら約5時間25分撮影でき、ハイビジョン画質との混在記録も可能です。

●撮影後はハイビジョンのままブルーレイディスクにアーカイブ●
撮るだけでなく、撮った後もハイビジョンでキレイにしたいもの。
CX12をソニーのブルーレイディスクレコーダーに接続すれば、撮影したビデオをブルーレイディスクに保存することが可能です。
ディスクに落とせば、配布や持ち運びも簡単。
離れた家族に送ったり、親しい友人宅で上映会をしたりと、楽しい瞬間を多くの人と共有することができるようになります。


【HDR-CX12主な仕様】 

■発売日 : 7月20日(日)
■価格 : オープン
■外形寸法 : 幅69mm×高さ67mm×奥行129mm
■本体質量 : 約370g(本体のみ) /約450g(付属バッテリー込み)
■記録メディア : “メモリースティック PRO デュオ”/“メモリースティック PRO-HG デュオ”(1GB以上推奨)
■動画記録時間 (ハイビジョン画質): 
FHモード(16Mbs)約55分
HQモード(9Mbs)約1時間55分
SPモード(7Mbps)約2時間20分
LPモード(5Mbps)約3時間
※同梱されている8GBのメモリースティックで録画した場合の時間

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。