logo

ビット珈琲、オンライン診療予約受付サービス「Dr.Net 予約くん」サービス開始

オープンソースを活用した医療システム

ウェブサービス事業を行う、株式会社ビット珈琲(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐久間 浩彰)は、オンラインによる診療予約の受付サービス「Dr.Net 予約くん」のサービスを開始しました.

「Dr.Net 予約くん」は病院や診療所向けのオンライン診療予約受付サービスで,ASP形式で提供されます.ASP形式のため,病院や診療所ではシステムの導入などは必要なく,すぐにサービスを導入することが可能です.

「Dr.Net 予約くん」を導入することで,病院や診療所では来訪される患者を,全てオンラインで管理できるようになります.
台帳管理では困難な,混雑状況の把握,予約状況の統計の閲覧,予約内容の検索なども可能になります.


患者はこれまでの窓口での受付,電話による受付に加え,インターネットに接続されたパソコンあるいは,インターネットに接続された携帯電話からも診療予約を行うことができます.
予約の際には,混雑状況も確認できるため,混んだ時間を避けて予約するといったことができます.


「Dr.Net 予約くん」は誰でも使えることをコンセプトにしており,愛知県医師会とビット珈琲がサービスを提供する病診連携システム,「入院くん」の開発で得られたノウハウを,フィードバックすることで,非常に使いやすいシステムに仕上がっています.
分岐の無い画面遷移,マウスのみで全ての操作を行えるなど,「入院くんアーキテクチャ」を全面的に採用することで,老若男女を問わず使えるようになっています.


「Dr.Net 予約くん」はブラウザだけで利用できるシステムであり,ソフトウェアを直接 PC にインストールする場合に起こりうる,バージョンアップなどの問題もなく,利用者に負担を掛けない仕様となっています.また,システムが動作するプラットフォームもビット珈琲が運用,管理することで,保守性を上げております.


システムのコアは全てビット珈琲による自社開発で,受託業務で得られたノウハウを活用することで,信頼性が高く,セキュリティが高いシステムになっています.
また,開発にはオープンソース・ソフトウェアを全面的に採用することによりより安全で使いやすいシステムになりました.

このプレスリリースの付帯情報

Dr.Net 予約くん

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

●ASP型システムについて
ASP (アプリケーション・サービス・プロバイダ) 型システムは,サービスの動作に必要なハードウェアやソフトウェアなどを,全てサーバサイドで担い,利用者はブラウザなどから,インターネット経由で利用する方式のシステムです.


●オープンソース・ソフトウェアについて
オープンソース・ソフトウェアとは,ソフトウェアの設計図であるソースコードを広く公開し,また多くの場合,利用に際しライセンス料が発生しないソフトウェアです.
ソースコードが公開されていることで,コミュニティによる活発な開発が行われ,利用者もソフトウェアのバグなどに,早急に対応することができます.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事