logo

MonotaROプライベートブランドの溶接ワイヤー 6/25より販売開始

工業用間接資材通信販売の株式会社 MonotaRO(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:瀬戸欣哉)は、
MonotaROプライベートブランドに溶接ソリッドワイヤーを追加、6月25日(水)より市場価格の6~7割程度で販売を開始します。


溶接ソリッドワイヤーは、自動車、船舶、配管、橋梁、鉄骨構造物など、幅広い分野において溶接材として使用されており、
とりわけ半自動の溶接ワイヤーはアーク溶接における作業性が高い事から、市場における需要も増加しています。
しかしながら、原料高の高騰により国内メーカーが相次いで値上げを実施していることから、市場価格も上昇傾向にありました。

そこで当社では、2008年1月にプライベートブランドとして販売を開始、好調な売れ行きをみせている軟鋼用被膜アーク溶接棒に続き、
溶接ソリッドワイヤーもプライベートブランドとして開発。自社で輸入業務まで担当する事で間接的なコストを低減し、
弊社取り扱いの他社同等製品の販売価格の6~7割程度の1箱(15kg)4,800円での販売を実現いたします。
なお、当商品は日本海事協会の承認を受けています。

当社は、インターネットおよびカタログを通じたダイレクトな通信販売により流通の効率化を図ることで、
工場や作業現場で使用される様々な副資材や工具を、お客様に安価かつ公平な価格で販売しています。
今後も、お客様の要望に耳を傾け、プライベートブランドの拡充を図り、より質の高い商品を安価で提供してまいります。

【商品概要】
商品名:溶接ソリッドワイヤー
注文コード:09449361
サイズ:Φ0.9
価格(税抜):4,800円
内容量:1箱(15kg)
JIS規格:Z3312.YGW12相当
承認:日本海事協会承認商品:KSW53G(C)H10
用途:軽量鉄骨・車両・機械等の溶接
特長1:軟鋼、高張力鋼用の炭酸ガスシールドアーク溶接ワイヤー
特長2:全姿勢溶接、薄板溶接に適します。


株式会社 MonotaROについて

工業用間接資材の通信販売最大手の株式会社MonotaROは、切削工具や研磨材などの工業用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品に至るまで、
工場で必要とされる製品80万アイテムを販売しています。また、事業主向けサイト「MonotaRO.com」、ベアリング専門サイト「ベアリングタロウ」、
切削工具サイト「刃MonotaRO」に加え、個人消費者向けにプロ仕様の商品を業務用価格で提供する「IHC.MonotaRO」も運営、
2008年5月からは自動車関連業界向け商品販売事業にも参入しています。2008年6月現在の利用事業者数は、約26.6万。


<本件に関するお問合せ>

株式会社 MonotaRO マーケティング部 西村
TEL:06-4869-7181 FAX:06-4869-7185

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。