logo

ハイファンタジーMMORPG「パーフェクトワールド-完美世界-」【7月、パーフェクトワールド史上最大のアップデート実施】特設サイトオープンのお知らせ

この度、オンラインゲームポータルサイト「MK-STYLE」を運営する株式会社シーアンドシーメディアは、北京完美時空網絡技術有限公司が開発し、C&Cメディアが日本国内において運営するオンラインゲーム「パーフェクトワールド-完美世界-」(以下:PW)におきまして、『 7月パーフェクトワールド史上最大のアップデート実施』に関する概要と特設サイトがオープンいたしましたことをお知らせいたします。

◆PW史上最大のアップデート『神々の伝承』実施

【アップデート名】
神々の伝承

※PW公式サイトにて特設サイト「神々の伝承」を公開いたしました。
特設サイトはコチラ⇒ リンク

【アップデート日程】
2008年7月実施予定 (詳細日時は後日お知らせいたします。)


【実装内容】
・ストーリーの追加
 アップデート実施後、パーフェクトワールドの新たなストーリーを追加いたしま
す。
・新クラスの追加
 実装済み転生クラス「ライト」「ダーク」からさらに上級のクラスを実装いたしま
す。
・新スキルの追加
 「人間」「エルフ」「妖族」全職業に新スキルを追加実装いたします。
・新マップ・ストーリークエストの追加
 新ストーリーに付随する新たなマップとクエストを追加いたします。
・新生産システム
 実装済み「生産システム」からさらに上位の「生産システム」を実装いたします。
・召喚システム
 新要素「モンスター召喚システム」を実装いたします。
・新アイテムの実装
 アップデート実施後、新アイテム・新販売アイテムを実装いたします。




◆『神々の伝承』ストーリー一部ご紹介




現在3種族が存在しているパーフェクトワールドは、戦争の歴史によって語られる。
エルフ、人間、妖族。
それぞれは、領地を求め、覇権の為、そして、種族の威厳をかけて争いを続けた。
戦争は次の戦争を生み、憎しみを生み、悲しみを生んだ。

その中でも、千年戦争と呼ばれる「エルフと人間」の戦いは、長きに渡り続いてい
る。




そもそも、なぜ千年戦争が始まる事になったのであろうか。




きっかけは「麒麟の森事件」であると、文献には記されているが、その内容は明らか
にされていない。




千年の歴史にて未だ語られていない真実。




麒麟の森の事件では、何が起きたのか。




知られざる伝承が今明かされる・・・





※公式サイト特設ページ・GMブログでも随時詳細を更新いたします。是非ご覧くださ
い!
特設ページ「神々の伝承」はコチラ⇒
リンク
GMブログはコチラ⇒
リンク




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
■『MK-STYLE』とは リンク




オンラインゲームポータル「MK-STYLE」は、世界最高峰の自由度を誇るMMORPG
「パーフェクト ワールド 完美世界-」と「パーフェクトワールド -完美世界-」の製
作チームが手がけ、
中国において最大同時接続数50万人を記録した「夢世界 -武林外伝-」の運営を行っ
ております。
独自の会員を保有し、共通通貨である「MKポイント」をご提供することで、
複数オンラインゲームの通貨を統一化、会員限定コンテンツのサービスを展開いたし
ております。



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
■『株式会社シーアンドシーメディア』について リンク




シーアンドシ-メディアではオンラインゲームのプラットフォームとして、
ポータルサイト「MK-STYLE」の企画、運営を行っております。
MK-STYLEを通じ、当社保有タイトルを中心にオンラインゲームパブリッシン
グ事業を展開、
また複合カフェ様のネットワークを通じ、オンラインゲーム等のパブリッシング事業
も展開しております。

【事業内容】
C&M(クリック&モルタル)モデルオンラインゲームポータルサイト「MK-STYLE」の
企画、運営
オンラインゲームパブリッシング
ネットカフェパブリッシング(ネットカフェ向けオンラインゲームパブリッシング)
その他オンラインゲーム関連事業



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
■コピーライト表記



(c)北京完美時空網絡技術有限公司 2008 ALL RIGHTS RESERVED.
Copyright (c) 2008 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。