logo

ブルートゥースの世界市場

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが6月に刊行されました。

ブルートゥース市場は、セルラー端末の搭載がすすみ、ヘッドセット市場などでも搭載されていることから、市場促進が続いている。またブルートゥースは依然としてPAN(パーソナルエリアネットワーク)の主流で、新たな3つのブルートゥース技術の開発が、有効なソリューションとして具体化しつつある。超低電力(Ultra Low Power)ブルートゥースは、既に医薬やスポーツ用品市場で発展している。高速ブルートゥースや、Bluetooth over 802.11が発表され、2008年後半には第1世代の見本として発売される。また、超広帯域無線(UWB)の市場がついに誕生し、Bluetooth SeattleあるいはVersion 3.0へと成長するだろう。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「ブルートゥースの世界市場:市場、IC予測、機器、技術」は、上記の3つの技術について記載し、ブルートゥースと他の無線接続IC統合について述べている。現在のブルートゥース市場について包括的に調査し、機器や半導体市場について広範に分析している。

ブルートゥースの世界市場:市場、IC予測、機器、技術
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。