logo

ジー・トレーディング、サイトロックが提供するパソコンの資産管理とログ収集・管理・分析サービスを同時利用

- パソコンのログ収集・管理・分析サービス「siteROCK Log Care」のファーストユーザ -

ガリバーインターナショナルのグループ企業であり、中古トラック・バス・建設機械の買取・販売を、地域業者間の流通から全国規模の流通へと転換している株式会社ジー・トレーディング(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:篠原 邦夫、以下ジー・トレーディング)は、日本ベリサインのグループ企業で各種監視に関するアウトソーシングサービスを提供するサイトロック株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒谷 茂伸、以下サイトロック)が提供するSaaS/ASP型サービスでパソコンの資産管理サービス「siteROCK Client Care」と操作ログ収集・管理・分析サービス「siteROCK Log Care」の利用を6月1日より同時に開始しました。

JASDAQに上場しているジー・トレーディングは、内部統制におけるIT統制(ITコントロール)を実現するため、パソコンのソフトウェア、ハードウェアの資産管理を可能にする幾つかのソリューションを比較・検討し、その結果、資産管理SaaS/ASP型サービス「siteROCK Client Care」の導入を決定しました。また、「siteROCK Client Care」では管理しきれないパソコンの不正利用などを抑止するため、ログの収集・管理・分析SaaS/ASP型サービス「siteROCK Log Care」の導入もあわせて決定しました。この2つのサービスを同時に利用することにより、より高度な内部統制におけるIT統制(ITコントロール)を実現することが可能になりました。

「siteROCK Client Care」と「siteROCK Log Care」は、SaaS/ASPで提供するサービスです。ITの専門家でなくともわかりやすい、手間がかからない、サーバ構築・運用不要、低価格、といった特徴をもっているため、短期間での利用開始が可能です。ジー・トレーディングは、「siteROCK Client Care」と「siteROCK Log Care」の利用により、短期間で強固なエンドポイントセキュリティを実現しました。

ジー・トレーディングがサービスの利用を決定したポイントとメリットは、以下の通りです。

-サーバ構築、運用保守不要で短期導入が可能
-管理可能な資産情報が幅広く、セキュリティ要件も豊富
-Webポータルサイト(管理画面)で利用可能な使い勝手がよく豊富なレポーティング機能
-パソコンの利用傾向から脆弱性リスクの把握が容易に可能
-内部統制におけるIT統制(ITコントロール)の運用ポリシーや社内セキュリティールール作成時の重要な要素となる
-業務利用目的外のパソコン利用者への抑止効果を期待
-資産管理と操作ログ収集分析が、ワンストップで提供可能

サイトロックは、今後ともお客様企業に付加価値の高いSaaS/ASP型ソリューションを提供してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。