logo

日本アバイア、PHSをPBX内線端末とし、内線番号の「完全なワンナンバー」化を実現する FMCソリューションを提供開始

~アバイアのIP-PBXがウィルコムの全国モバイル内線ソリューション 「W-VPN」に対応~

日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:藤井克美)は本日、PHSをPBX
内線端末としたFMC(Fixed Mobile Convergence:固定電話と携帯電話の融合)ソ
リューションを提供開始します。アバイアのIP-PBXソフトウェア「Avaya
Communication Manager」が株式会社ウィルコムが提供する全国モバイル内線ソ
リューション「W-VPN」※1に対応したことで実現しました。これにより、企業は、大
掛かりな設備投資の追加負担をかけることなく、通信料を抑えながら内線番号を「完
全なワンナンバー」として利用可能なFMCを実現することが可能となります。


日本アバイアは、ウィルコムの協力のもと、同ソリューションを6月11日(水)から
13日(金)にかけて幕張メッセで開催されるイベント「Interop Tokyo 2008」のブー
スで展示します。


アバイアのIP-PBXとW-VPNを併用することにより、企業は、PHSをPBX内線として利用
し、オフィス内の固定電話からPHSへ、PHSからオフィス内の固定電話へ、どちらも相
手の内線番号をダイヤルすることで発信できます。通常のPBXでは、PHSからオフィス
内の固定電話に電話すると、発信者番号としてPHSの番号が表示されますが、アバイ
アのIP-PBXでは内線番号および内線者名が表示されることが特長です。(完全なワン
ナンバーの実現)


また、外線から個人の内線にかかってきた電話もPHSに同時に着信させることができ
ます。この際、通常のPBXでは、PHSにPBXの回線番号が表示されますが、アバイアの
IP-PBXでは、PHSに発信者の電話番号が表示されるため、電話を取る前に発信者を特
定することができます。


アバイアは、Avaya Communication Manager独自の機能である「Extension to
Cellular」※2により、PHS番号を内線番号と対にしてデータベースで管理することで
「完全なワンナンバー」を実現しています。また、同機能により、PHSから特番をダ
イヤルすることで、コールピックアップや、不在時の転送、PHSへの着信停止設定な
ど、通常は固定電話機上でのみ使用可能なPBX機能を使用することができます。これ
により、ユーザーは、部門代表宛の電話を代理応答する、会議中はボイスメールに転
送する、休日はPHSに着信させないなどの詳細設定が可能となります。


日本アバイアは、構内PHSを利用している企業や、初期投資を抑えながらFMCの導入を
検討している企業に、Avaya Communication ManagerとW-VPNを組み合わせたソリュー
ションを積極的に提案していきます。


最近、固定電話とモバイル端末の定額サービスや導入しやすい価格の端末の登場によ
り、FMCの導入障壁が低減しています。これを背景に、日本アバイアは今後もFMCソ
リューションの対応OS、対応端末を拡大し、ユーザーの選択肢を広げていく予定で
す。


アバイア(Avaya Inc.)について  
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は企業
の競争優位性の実現を支援するインテリジェント・コミュニケーション・ソリュー
ションを提供しています。アバイアのIPテレフォニー、ユニファイド・コミュニケー
ション、コンタクトセンター向けソリューション、Communications-Enabled
Business Process(CEBP)ソリューション*は、FORTUNE 500™社の90%を含む世界の
100万社以上の企業に採用されています。また、アバイア・グローバル・サービスは
あらゆる規模の企業に包括的なサービスとサポートを提供しています。
詳細は、アバイアのWebサイトリンク をご覧ください。
日本アバイアについては、リンク をご覧ください。
* CEBPは、ビジネスの遂行に必要とされる関係者のコミュニケーションを自動化する
ことで、業務効率やサービス品質の向上を支援するソリューションです。

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

用語解説

※1 「W-VPN」は、企業内のPBXとウィルコムのPHSネットワークを専用回線で接続す
ることにより、社内の電話とウィルコムのPHS間の音声通話を定額にするサービスで
す。W-VPNに対応するPHSは、「WX220J-Z」、「WX321J-Z」の2機種です。

※2携帯拡張機能のためのソフトウェア。Avaya Communication Managerの機能の一
つ。PBXが携帯番号も認識することが可能になるため、内線電話と同時に携帯電話を
呼び出すことが可能になる。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。