logo

既存Linuxサーバを仮想環境に移行する「仮想環境移行サービス」を開始

Xen,VMware等の仮想環境を構築し、既存Linux環境を移行するサービスを開始

株式会社デージーネット(愛知県名古屋市 代表取締役:恒川裕康)は、既存Linuxサーバを仮想環境に移行するサービスを開始しました。
仮想化技術は、1台のコンピュータ上で論理的なコンピュータを仮想的に動作させる技術です。仮想化技術を利用すると、ハードウェアリソースの有効活用、古いLinuxの継続利用等を実現することができます。
デージーネットでは、既存Linuxを仮想環境に移行できるかを調査する「仮想環境調査サービス」、既存Linux環境を仮想環境に移行する「仮想環境移行サービス」を提供します。
また、デージーネットが提供する「レガシーLinuxサポートサービス」を併用することで、仮想環境に移行した古いLinuxのセキュリティを強化し、安心して利用して頂くことができます。


ハードウェアの性能は年々向上しており、従来、複数のハードウェアで行っていたサービスを1台のハードウェアで十分処理できるようになっています。複数の既存Linux環境をそのまま1台の仮想環境に移行することにより、ハードウェアの数を減らすことができますので、消費電力を削減することが可能となり、運用コストの削減も期待することができます。

また、古いLinux環境を使用しており、ハードウェアの耐用によりリプレースが必要になった場合、新しいハードウェアには古いLinuxをインストールできないことがあります。このような場合、新しいハードウェアに仮想環境を構築し、仮想マシンに古いLinuxをそのまま移行することで、新しいハードウェアで既存Linux環境を実装することが可能となります。

デージーネットは、特定のユーザのもとで、仮想環境へのLinux環境の移行作業を数多く実施してきました。現在は、仮想環境への移行に関する十分なノウハウを蓄積しており、一般的なサービスとして仮想環境移行サービスを提供できるようになりました。
既存Linux環境を仮想環境へ移行できるかどうかの調査、移行可能な場合、実際に移行する作業を行うサービスを提供しています。また。既存環境をそのまま移行するだけでなく、ディスクパーティション構成の変更等、調整を行いながら移行することも可能です。


<提供サービス>
○仮想環境構築サービス
仮想環境を構築するサービスです。OSインストール、セキュリティ強化設定、仮想化ソフトウェアのインストール等を行います。
費用: 30万円~
URL: リンク

○仮想環境調査サービス
既存Linux環境を仮想環境に移行できるかを調査するサービスです。
費用: 10万円~/仮想マシン
URL: リンク

○仮想環境移行サービス
既存Linux環境を仮想環境に移行するサービスです。
費用: 10万円~/仮想マシン
URL: リンク

○レガシーLinuxサポートサービス
メーカーサポートが終了した古いLinuxの技術サポートを行うサービスです。
最新のセキュリティ情報に基づき、デージーネットがセキュリティ対応パッチを適用したパッケージを作成して提供します。
URL:リンク

<連絡先>
株式会社デージーネット
〒465-0025 愛知県名古屋市名東区上社4-201
電話番号:052-709-7121
FAX番号 :052-709-71222
HP URL:リンク

担当:オープンシステム部
大野,粥川,丸吉

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。