logo

メールセキュリティ統合運用・管理ソフトの最新版 「Mailstream Manager 3.0日本語版」を発売

メール暗号化、添付書類のパスワード付Zip圧縮をサーバ側で実施 コンプライアンスインシデント管理機能を追加し、電子メールの情報漏洩対策を強化

センドメール株式会社(本社:東京都港区、社長 小島 國照)は、メールセキュリティの統合運用・管理ソフトウェアの最新版 「Mailstream Manager 3.0 日本語版」を発表し、本日6月10日より販売開始します。

「Mailstream Manager」は、メールゲートウェイからメールボックスまで、すべてのメールシステムを対象に、ウィルス/スパム対策、情報漏洩防止、誤送信防止やコンプライアンスのためのメールポリシー設定・実施を一元的に行います。
最新版では、S/MIMEによるメール暗号化/復号化およびメール添付書類のパスワード付Zipファイル圧縮をサーバ側で行う機能、問題のあるメールの処理履歴を記録・管理可能な「コンプライアンスインシデント管理」機能を追加することで、情報漏えい防止やメール監査機能を強化しました。

個人情報保護法や日本版SOX法などにより、ネットワーク上での情報の取り扱いに細心の注意が求められ、メール本文や添付ファイルの暗号化の必要性が高まっています。
しかしながら、クライアント側で行う方法では、メールユーザの作業負荷がかかり、実施を徹底するのは困難です。また、コンプライアンスや内部統制のためにクライアント側で暗号化されたメールをアーカイブしても監査時に読むことができません。
これに対して、「Mailstream Manager 3.0 日本語版」では、設定したポリシーに合わせて暗号化が必要なメールを自動的に判定し、S/MIMEによるメール本文の暗号化、メール添付書類のパスワード付Zipファイル圧縮をサーバ側で自動的に行います。
これにより、暗号化前の平文メール、圧縮前の添付書類をアーカイブすることができ、社外への送信前に必要な暗号化の実施を徹底することができます。

また、「Mailstream Manager 3.0 日本語版」では、コンプライアンスやポリシーに違反した可能性のあるメールを、送信前にサーバ側で隔離し、インシデントとしてどのように処理したかを記録・管理する機能を追加しました。これにより、メール監査/メール管理者は、WebベースのGUIにより、発生したインシデントをタイプ別、送信者アドレス別、重要度別などの各種条件で効率的に把握することが可能となりました。

「Mailstream Manager 3.0 日本語版」の価格はオープンプライスで、センドメールの販売代理店を通じて販売し、出荷開始は、Linux版が2008年6月16日、Solaris版が7月21日を予定しています。
「Mailstream Manager」は、スパム/ウィルス対策フィルタの精度の高さ、ユーザ独自のポリシー設定が柔軟かつ容易に行えることから、ISP、金融機関をはじめ多くの導入実績があります。今回、送信メールの暗号化機能を強化したことで、センドメールは、インバウンドおよびアウトバウンドの双方向のメールセキュリティを統合運用管理可能なプラットフォームとして、初年度4億6千万円の販売を見込んでいます。


……………………………
■価格・発売/出荷時期
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇販売価格:オープンプライス

※販売価格は、サポート内容など販売形態により異なりますので、
 詳細は以下にあります各販売パートナーにお問い合わせください。
リンク

◇発売開始:2008年6月10日
◇出荷開始:Linux版 2008年6月16日  Solaris版 2008年7月21日

……………………………
■稼働環境
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
対応OS :RedHat AS4.0 (x86)、Solaris (Sparc) 9/10 ※Solaris 8は個別対応可能。
対応機種:
 ・CPU Intel Pentium III 以上
 ・主記憶容量 2GB
 ・データ用のディスク容量 200MBより (メール通数に依存)
 ・ソフトウェア用のディスク容量 1GB

……………………………
■主な特長
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1) サーバサイド S/MIMEメール暗号化 ※
 ・サーバサイドで自動的にS/MIME暗号化・復号化を実施
 ・ポリシーに合わせ、暗号化の実施、非実施を自動判定
 ・クライアントで暗号化しないため、メールのアーカイブが平文のまま行える

(2) サーバサイド パスワード付きZip圧縮
 ・サーバサイドで添付書類を自動的にパスワード付きのZipファイルに変換
 ・ポリシーに合わせ、条件にあったメールに対して、圧縮の実施、非実施を自動判定
 ・クライアントでZip圧縮しないので、メールアーカイブに可読の状態で保存される

(3) コンプライアンスインシデント管理 ※
 ・企業コンプラインスおよびポリシーに違反したおそれのあるメールをサーバで隔離
 ・インシデントとして、その後のエスカレーションなどを記録し管理が可能

(4) ロール別の複数管理者
 ・複数のロールの異なる管理者を設定可能
 ・隔離メールのチェックだけ行える管理者など、管理権限の部分的な委譲が可能

※上記(1)と(3)は、オプションで提供する機能です。

※「Maistream Manager」の詳細は以下をご参照ください。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

コンプライアンスインシデント管理画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

……………………………
S/MIME(エスマイム):Secure Multipurpose Internet Mail Extensions
電子メールの暗号化方式の標準。RSA Data Security社によって提案され、IETFによって標準化された。RSA公開鍵暗号方式を用いてメッセージを暗号化して送受信する。この方式で暗号化メールをやり取りするには、受信者側もS/MIMEに対応している必要がある。(出典 e-Words)
……………………………

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事