logo

フォワードコンセプト社の携帯電話とチップ市場に関する調査レポート

米国の調査会社フォワードコンセプト社は出版レポート「携帯電話と端末用チップ市場 2008年:世界の携帯電話市場、チップ、加入者の詳細分析 - CELLULAR HANDSET & CHIP MARKETS '08」のプレスリリースにおいて、今後のアフリカと中東の成長率の上昇や今後5年間におけるスマートフォン市場の急速な成長など、豊富かつ詳細な調査・予測結果を発表した。

米国の半導体専門調査会社フォワードコンセプト社の調査レポート「携帯電話と端末用チップ市場 2008年:世界の携帯電話市場、チップ、加入者の詳細分析 - CELLULAR HANDSET & CHIP MARKETS '08」は、携帯電話と携帯電話に使われているすべてのチップについて調査している。主要38社の端末メーカーについて調査し、ランキングや2007年の市場シェアを記載している。2012年までの端末数、加入者数、携帯端末用チップ全種類について、技術毎、世界の地域毎に詳細に予測している。

さらに、GSM、GPRS、EDGE、CDMA2000 1xEV、1xEV-DO、WCDMA、HSPA、PHS/PDC/iDEN/TDMAなどの無線技術毎の携帯メーカーの市場シェアを見積り、超低価格帯携帯電話の予測も行っている。この調査レポートは、すべての種類のチップとすべての対応する無線技術について、チップベンダの市場シェアを提供している。

調査レポートは数値データを主体としているが、下記のような主要な調査結果も記載している。
◇ 世界の携帯電話の出荷数は2008年10%と減速している。日本はマイナス成長となり、北米は7.8%、ヨーロッパは3.8%だった
◇ 景気減速にもかかわらず、ヨーロッパは北米を凌いで、2008年も依然としてWCDMAの最も速い成長市場であった
◇ 中国とインドは、携帯電話出荷数では依然として大きな牽引力があるが、アフリカと中東は市場規模は小さいものの成長率ははるかに高い
◇ 2008年に登場するHSDUPAは、WCDMAとHSDPAに置き換わり始めるだろう
◇ 3Gが大きく注目されているが、EDGE市場は成長し続けるだろう。次世代eEDGEは、非常に小さなオペレータ投資で、第一世代WCDMAのデータレートに合うだろう
◇ 音声のみの需要から、超低価格帯のGSM/GPRS、CDMA2000-1x携帯電話が急速に成長しており、発展途上国の市場では支配的になるだろう
◇ 今後5年間で、スマートフォン市場が急速に成長し、Wi-Fi、ブルートゥース、GPS、FMラジオ、モバイルテレビなどをサポートするシングルチップ周辺機器の導入を促進するだろう
◇ また、無線の支払い市場が拡大するに従って、NFCラジオと携帯電話指紋センサの需要が増大している
◇ QualcommのMediaFLOが米国のモバイルテレビ市場を独占しているが、日本のISDB-Tが市場をリードしており、次いで韓国のT-DMBである
◇ 世界のモバイルテレビ規格は統一されておらず、マルチスタンダードシングルチップのモバイルテレビ受像機の需要につながるだろう
◇ AppleのマルチタッチiPhoneの大成功によって、タッチスクリーンコントローラは成長し、最終的にはシングルタッチはマルチタッチスクリーンに置き換わるだろうと予測される
◇ 2007年の3メガピクセルの出荷数は不調で、2008年の携帯電話カメラ市場の主流は2メガピクセルに移った。しかし、オートフォーカスが標準装備になり、2009年には新しい3MP携帯電話が大きく成長するだろう
◇ 3Gのデータレートの向上によって、ビデオやウェブ機能が拡張し、アプリケーションプロセッサの競争が激化するだろう
◇ 主席著者のCarter L. Horney氏は、「携帯電話は、デジタルカメラ、PDA、MP3プレーヤー、GPSナビゲータ、ブルートゥース、FMラジオ、モバイルテレビ、コードレス電話、スマートカード、指紋センサなどの機能性をひき付けて搭載し、それぞれのあるいはすべての機能で急速に優位な市場を形成している。調査レポートは、これらの携帯電話コンポーネント市場のすべてをカバーし、このような製品のスタンドアロンバージョンを作る企業は、市場が携帯電話によってどのように影響を受けるかを理解することができるだろう」と述べている。

調査レポートは、これらのそれぞれのあるいはすべての機能の市場ダイナミクスと、チップベンダのプロフィール、市場シェアを記載している。デジタルベースバンド、RFトランシーバ、PAアプリケーションプロセッサ、グラフィックなどのプロセッサ、イメージャ、LCDドライバ、タッチスクリーンコントローラ、メモリなどの、携帯電話向けのすべての新しい機能の半導体について調査している。

フォワードコンセプト社の社長で、この調査レポートの著者であるWill Strauss氏は、「セルラーチップ市場は依然としてQualcommとTexas Instrumentsが独占し続けているが、新しい周辺機能が追加され、新しい種類のチップセットを扱うベンダにビジネスチャンスがでてくるだろう。この調査レポートは、市場予測や、新しい事業計画に関する主要な情報も記載しており、携帯電話と携帯電話用チップについての最も分りやすい資料である」と語る。


[調査レポート]
携帯電話と端末用チップ市場 2008年:世界の携帯電話市場、チップ、加入者の詳細分析
CELLULAR HANDSET & CHIP MARKETS '08
An In-Depth, Global Analysis of Cellphones, Chips & Subscribers
リンク

フォワードコンセプト社 (Forward Concepts)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。