logo

次世代ネットワーク(NGN)通信サービスへの移行はいくつかの産業において好調

株式会社グローバル インフォメーション 2008年06月04日 12時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社In-Statの発行する最新の英文調査報告書「US Vertical Migration to Next-Generation Services」の販売を開始いたしました。

ハイテク市場を専門とする調査会社In-Statがこのほど発行した調査報告書「US Vertical Migration to Next-Generation Services」によると、広域ネットワーク(WAN)を通じて米国のプロフェッショナルサービス産業、金融・保険産業、政府機関および医療産業へ提供を続けているレガシーサービス(例:フレームリレー、専用回線、ATM)は、信頼性があり、扱いやすい通信インフラだが、これらの産業においては次世代ネットワーク(NGN)への移行が有益となることは明らかだと報告しています。

In-Statのアナリスト、Steve Hansen氏は「これらの産業別市場は似たような結果を求めており、個々のモチベーションと移行への関心事は、優先性と重要性によって変化します」、また「サービスプロバイダーの観点から、各特定産業別の移行プロファイルを理解することは、その特定の業界へどのようなサービスがパッケージ化され販売されるべきかの見識を与えてくれます」と述べています。


【 英文市場調査報告書 】

US Vertical Migration to Next-Generation Services

米国における次世代ネットワークサービス

リンク


出版社In-Stat

出版日2008/05


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事