logo

ハンドヘルドスキャナー:更なる成長の余地

株式会社グローバル インフォメーション 2008年06月04日 12時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、最新の英文調査報告書「AIDC GLOBAL INDUSTRY BUSINESS PLANNING SERVICE, 2008: VOLUME 01: HANDHELD BAR CODE SCANNERS」の販売を開始いたしました。

医療、商業サービス部門といった新規市場において、ハンドヘルドスキャナーは広く導入されました。現在、これらの部門は、1億2300万米ドル程度の規模しかありませんが、今後、9%を超える規模で成長し、2012年にはおよそ1億9000万米ドルに到達する見込みです。

医療部門におけるハンドヘルドバーコードスキャナーの導入は、上昇する費用(例:保険)や医療ミス低減のニーズにより続くでしょう。医療施設における利点としては、資産活用および管理の改善、予算負担の軽減、業務効率の改善、そして医療ミスの大幅な減少などが挙げられます。また、様々な課題を解決するために、軽量ハンドヘルドバーコード技術への需要が高まりつつあります。
米国の調査会社Venture Development Corporation(VDC)社が発行した調査報告書「AIDC GLOBAL INDUSTRY BUSINESS PLANNING SERVICE, 2008: VOLUME 01: HANDHELD BAR CODE SCANNERS」では、世界のハンドヘルドバーコードスキャナー産業を技術、エンドユーザー、流通チャネル、スキャンエンジン、地域別に調査分析しています。




【 英文市場調査報告書 】



AIDC GLOBAL INDUSTRY BUSINESS PLANNING SERVICE, 2008: VOLUME 01: HANDHELD BAR CODE SCANNERS



世界のAIDC産業におけるビジネスプランニングサービス:第1巻 - ハンドヘルドバーコードスキャナー



リンク





出版社Venture Development Corporation



出版日2008/05




【 本件に関するお問合せ先 】



株式会社グローバル インフォメーション



〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3



アーシスビル 7階



担当: 営業1課



E-mail:sl1@gii.co.jp



電話: 044-952-0102



FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事