logo

インデックス、モバイル広告統合管理ツールのASPサービス『Mobile Ad Designing(モバイル・アド・デザイニング)』を本日2008年6月3日から提供開始

~複数のモバイルプロモーションを一元管理する総合広告ソリューション~

株式会社インデックス・ホールディングス (代表取締役社長: 落合 正美 本社: 東京都世田谷区)の子会社、株式会社インデックス (代表取締役社長: 小川 善美 本社: 東京都世田谷区 以下、インデックス)は、モバイル広告統合管理ツール『Mobile Ad Designing(モバイル・アド・デザイニング)』を開発し、本日2008年6月3日から提供を開始します。

◆『Mobile Ad Designing(モバイル・アド・デザイニング)』について
モバイル広告の手法が多様化する中で、リスティングやLPO(エルピーオー:Landing Page Optimization の略称。 ユーザーが最初に到達するWebページである「ランディングページ」の最適化)などの新しい効果測定のニーズが高まっています。インデックスでは、モバイル向けアフィリエイトサービス「モビOne」で培った広告運営のノウハウを生かして、モバイル広告統合管理ツール『Mobile Ad Designing(モバイル・アド・デザイニング)』の開発を進めました。
『Mobile Ad Designing(モバイル・アド・デザイニング)』は、アフィリエイト広告、リスティング広告、純広告など、様々なモバイルプロモーションを総合的に効果検証できるため、複数の携帯サイトのプロモーションをトータルで請け負う広告代理店やコンテンツプロバイダーなどに最適な携帯広告ソリューションツールです。
アフィリエイト広告では重要度が高まっているワンタグ*ソリューションや、リスティング広告におけるキーワードごとのコンバージョン数測定、および、純広告におけるCPA(コストパーアクション: Cost Per Action の略称。広告単価の指標で、成果一件あたりの支払額)算出などをワンストップで行うことができます。
また、ワンタグ連携のプリセット化やトラッキング用URLの一括編集などの広告運用を効率化する機能も備えており、さらにそれらを自社システムのように独自に管理することができます。

*ワンタグとは、複数のアフィリエイトプロバイダーをタグで束ねて1つに結び広告を一括配信できるシステムの総称です。

◆『Mobile Ad Designing(モバイル・アド・デザイニング)』の特徴
●大量の入稿を一括処理でき、即時に測定URLの生成が可能
純広告・リスティング広告・アフィリエイト広告など出稿形態にあわせた入稿設定が可能です。
URLは即時発行され、急なプロモーションでも対応できます。システムに関する特別な知識がなくても、『Mobile Ad Designing(モバイル・アド・デザイニング)』上で入稿からURL発行までの手配が完了します。
アフィリエイト広告の入稿設定においては、ワンタグに対応したアフィリエイト・サービス・プロバイダがあらかじめ登録されており、プルダウンによる選択式で設定が可能なため、各社の仕様に依存することなく、さらにスムーズなワンタグ配信が可能です。

●LPO機能
広告効果を向上させる上で重要なランディングページが、プロモーションごとに簡単に作成できるCMS機能を備えています。

●グルーピングとカウントテストで管理・運用がスムーズに
・グループ機能:
長期の運用と日々のルーティンのどちらにも便利なグルーピング設定
各プロモーションをグルーピングできます。長期的な運用では管理として、日常的にモニタリングするプロモーションでは即時の呼び出し用としてルーティン作業を軽減することで運用がスムーズです。

・カウントテストの可視化:
配信前のシステム設定が無事できているかを確認する「カウントテスト」のプロセスが可視化されており、テストが失敗した際に備え、各フェーズごとのトラブルシューティングページを参照できます。これにより、入稿スタッフでも障害を特定し一定の解決が可能なため、都度発生していたシステム管理スタッフへの依存を減らすことができます。

●直感的に効果を把握できる視認性の高いグラフィカルレポート
「グラフ」モードと「レポート」モードで、動的に生成されるグラフィカルな広告効果測定レポートや元データの参照が可能です。「グラフ」モードでは、比較メニューにより棒グラフ・折れ線グラフなど柔軟に表示。キャリアや出稿形態ごとに色分けされ視認性にも優れています。

●成果の精査と効果測定
アクション数、退会数、累積残存数、課金対象数、当月売上、累積売上、利益率が確認できます。各成果の精査から残存数や利益率を加味したCPA計算まで総合的なプロモーション効果を測定できます。

・成果状況が一覧で確認可能。認証・否認などの各成果の精査が行えます。また、iモードIDにも対応しているため、3キャリアでの一定期間内のクリック、および、成果のユニークチェックが可能です。
・成果ごとに、アクセス元のURL情報である「リファラ」を確認できるため、実際のどのサイトのどのページで掲載されているかの調査に役立ちます。(※一部リファラ情報を取得できない場合があります)
・導線ごとの退会数測定が可能。
・成果情報のCSVアップロードにも対応。
・不正防止のアクセス制限機能も備えているので、安心して使えます。

●OEM提供を前提とした設計で自社ブランドでの展開が可能
管理画面やトラッキング用URLを独自ドメインでの展開することもでき、企業ロゴ、コピーライトも入れられるので、利用される企業ごとのオリジナル広告管理ツールとしてデザインできます。

■ 『Mobile Ad Designing』公式ページ: リンク

*会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事