logo

セルラーモデムとモバイルブロードバンド接続

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが5月に刊行されました。

インターネット、Eメール、ノートPC、PCのインターネット接続において、セルラーネットワークは有望な方法になっている。これらのデバイスは、セルラーモデムで無線接続を行う。ラップトップPCとUMPCは、PCカードとエクスプレスカードを使用する。USBモデムは、携帯型デバイスと固定式PCのどちらでもインターネット接続に対応できる。 同様に、セルラー接続でもコンピュータの内部にあるミニカードと呼ばれる組込みモデムが使われる。モバイルブロードバンドアクセスとセルラーモデム価格の下落、3Gセルラーネットワークのサービスエリアの拡大に伴い、2007年に、セルラーモデム市場は前年比300%以上成長した。だが、セルラーモデムサプライヤの環境は激変している。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「セルラーモデムとモバイルブロードバンド接続」は、競争環境の詳細な概観と、プライマリおよびセカンダリ調査と分析によって顧客獲得の調査データを記載している。また、各セルラーモデムのフォームファクタ、無線インターフェースプロトコルと顧客層別の市場シェアと出荷台数、収益、価格の予測を行っている。

◆調査レポート
セルラーモデムとモバイルブロードバンド接続:サプライヤの競合分析とデバイスの予測:PCカード、USBモデム、組込みモデム、3G/Wi-Fiルーター リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。