logo

ジョギング始めたきっかけは「ダイエット」目的が1位。 一緒にジョギングしたい有名人は高橋尚子さん。 ジョギングSNS「ジョグノート」にてアンケート調査実施 

株式会社ウイングスタイル 2008年06月02日 16時00分
From DreamNews

東京マラソンの成功をきっかけにますます加熱するジョギングブーム。とはいえ、「走る」ことに対して二の足を踏む人がまだまだ多いのも事実です。そこで株式会社ウイングスタイル(本社:東京都江東区、代表:羽石雄高)では、自社で運営するジョギングソーシャルネットワーク「JogNote(ジョグノート)」のユーザーを対象に、ジョギングに関する意識調査を実施しました。
東京マラソンの成功をきっかけにますます加熱するジョギングブーム。とはいえ、「走る」ことに対して二の足を踏む人がまだまだ多いのも事実です。そこで株式会社ウイングスタイル(本社:東京都江東区、代表:羽石雄高)では、自社で運営するジョギングソーシャルネットワーク「JogNote(ジョグノート)」のユーザーを対象に、走り始めたきっかけや走ってみてよかったこと、更には一緒に走ってみたい有名人などを聞くアンケート調査(回収期間:2008年5月22日~29日)を実施しました。 これから走ってみようかなと思っている方々が一歩を踏み出すための参考としていただければ幸いです。

■調査概要  
?・調査方法 :   ジョグノート上でのアンケート受付 
?・調査地域 :   全国  
?・調査対象 :   ジョグノートに登録している20歳以上の男女  
?・有効回答数:   1950サンプル  
?・調査日時 :   2008年5月22日~5月29日

■回答者プロフィール
・性別 :男性1433人(73.4%) 女性:517人(26.6%)
・年代 :20代 194人(9.9%) 30代 763人(39.1%) 40代 757人(38.8%) 50代 199人(10.2%) 60代 33人(1.7%) 70代 4人(0.3%)

■まとめ
・ジョギングはダイエット目的ではじめるケースが圧倒的に多く、次いで「体力増進」「健康のため」がきっかけとなっている。
・ジョギングする時間は、早朝と午後が多い。
・週に3回程度走る人が一番多い。毎日走る人は最も少ない。
・ジョギング以外にもスポーツをやっている人が7割を占める
・継続するコツは「無理しない」「記録をつける」「大会に参加」「仲間をつくる」「目標を持つ」「体重計に乗る」
・ジョギングは健康・美容面、生活面、精神面においてよい変化を与えてくれる
・一緒に走りたい有名人は、1位:高橋尚子(Qちゃん)さん、2位:長谷川理恵さん 3位:東国原知事となった。テレビ放映の影響もあり、東京マラソンに参加したお笑い芸人も高い順位にランクインしている。

(データなど詳細は添付別紙にて記載されております)

ジョグノートでは、、アンケート調査、モニター募集など様々なかたちで企業様のマーケティングのお手伝いをさせていただいております。ご関心を持っていただけましたならお気軽にお問い合わせください。

?【JogNote(ジョグノート)】とは、 ジョギング愛好者の方に特化したソーシャルネットワーキングサービス。学生でも社会人でも年齢を問わず仲間を作り、励ましあいながらジョギングを楽しめる場を提供します。友だちからの招待がなくても登録できます。利用はすべて無料です。

■サイトデータ(2008年5月28日現在)
?会員数:約37,000人
月間ページビュー:160万
URL:リンク

株式会社ウイングスタイル
代表取締役 羽石 雄高(はねいし ゆたか)
本件に関するお問合せ先:haneishi@wingstyle.co.jp
担当者連絡先電話番号:090-4967-2397
会社電話番号:03-5772-8547

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事