logo

Nortel CEO、環境への配慮は優れたビジネスと同様に重要であると主張

マイク・ザフィロフスキーがFORTUNE Conferenceにおいて、エネルギー効率の優れた製品、環境配慮型のテクノロジーが競争上の優位性をもたらすと述べる

カリフォルニア州パサデナ発 - Nortel* [NYSE/TSX: NT]の社長兼最高経営責任者(CEO)のマイク・ザフィロフスキー(Mike Zafirovski)は本日、カリフォルニア州パサデナでFORTUNEによって開催された第1回Brainstorm: GREEN Conference**において、各企業が環境に配慮した取り組みと優れたビジネス・プラクティスを共存させることの必要性をすぐにでも認識すべきであると述べました。

ザフィロフスキーは次のように述べました。「企業のビジネス・モデルの中に環境に対する責任を統合することは、正しいあり方であるだけでなく、ビジネスの成功においても不可欠です。ビジネスマンとして、私は常に株主の利益を高める義務があるという点から物事を考え始めます。それが私の信念ではありますが、私は同時に、企業と社会が協力して今日の環境問題に取り組むべき時が来たとも強く確信しています。」


ザフィロフスキーはさらに次のように続けています。「Nortelと当社のパートナーは、環境に具体的な恩恵をもたらし、エネルギー消費を削減し、顧客に実ビジネス上のメリットを提供するソリューションを実現するために、革新力をフルに活かしています。それは地球とビジネスにとって正しい行動です。」


Nortelの製品とサービスによって、企業とサービス・プロバイダーはエネルギー効率の向上と二酸化炭素排出量の削減が可能となります。これには、エネルギー消費量を約50%削減可能な、業界でもっとも環境に優しい製品としてTolly Groupに認められたNortelのデータネットワーク製品ポートフォリオの製品群が含まれます。


さらに、Nortelのサービス主体のテレプレゼンス・ソリューションによって、出張の必要性が最小限になり不要な二酸化炭素排出量を削減することができます。その他の環境に配慮したソリューションには、ITプロフェッショナルがネットワークのエネルギー消費量をどのようにすれば削減できるかを示すNortelのEnergy Efficiency Return on Investment(ROI)CalculatorおよびTelepresence ROI Calculatorなどのソフトウェア・ツールが含まれます。


環境のサポートに関する議論を活性化する目的で、NortelはFORTUNE Brainstorm: Greenのプラチナ・スポンサーとなっています。この2日間の招待者限定のイベントでは、北米全域から集まった企業、政府、および環境保全のリーダーが一緒になって、環境保全運動のビジネスへの影響およびより環境に配慮するためにFORTUNE 500企業が直面している問題について論議されます。


FORTUNE Brainstorm: GREENのプログラムには、パサデナと世界の他の4カ所を結んだグローバル・ダイアログ(Global Dialogue)が含まれています。それぞれの会場には、Polycom社の業界標準に則った高解像度(HD)ビデオおよびオーディオ・システムと、Nortelのプロアクティブな監視とテスト、リアルタイムの24x7サポート、完全なコンシェルジュ・サービスを組み合せた、サービス主体のNortel テレプレゼンス・ソリューションが装備され、会議が進められます。これは、実物大のフェイス・ツー・フェイスの多地点の会議が、出張の時間、コスト、および環境への影響をいかに削減するかを実際に示すデモンストレーションになります。


Global Dialogueの議題と会場は、発展途上国からのアップデート(インド、ニュー・デリー)、IT業界の環境保全化(ノースカロライナ州ローリー)、エネルギー政策に対する世界的な視点(フランス、パリ)、および持続可能な観光業(ドイツ、フランクフルト)です。


Nortelは環境への配慮を促進するために、The Sustainable Enterprise Report: Turning Awareness into Actionのプレミア・セクション・スポンサーを務めます。これは、ホワイト・ペーパーと業界リーダーとのインタビューをまとめ、アースデイに合わせてKyoto Planet社から4月22日に出版されるものです。Kyoto Planet社は、テクノロジーと通信を活用して環境維持を強化する目的で設立された環境に対して意識の高い企業です。


Nortelは、環境に配慮する数々の実績が認められ、持続性の高い大手企業の財務実績を追跡した、DJSI(Dow Jones Sustainability North American Index)に3年連続で選ばれています。また、環境面、社会面、およびガバナンスの基準を満たすカナダ国内でもっとも社会的責任のある会社を対象としたベンチマークJantzi Social Index**にも選ばれています。Nortelは、情報および通信テクノロジーによって、二酸化炭素排出の影響がどの程度削減可能なのかを調査するThe Climate Group**のメンバーでもあります。


Nortelについて


Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、BUSINESS MADE SIMPLE(ビジネスをよりシンプルに)という理念を具体化して顧客の皆様に提供します。Nortelは通信事業者と企業の双方に向けた次世代技術により、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションをサポートします。またNortelは、ネットワークを簡素化し、人と必要な情報を必要なときに結びつけて、効率改善、迅速化、パフォーマンス向上における障害を取り除くよう技術設計を行っています。Nortelの事業展開は世界150か国以上におよびます。詳しくは、www.nortel.comをご覧下さい。またNortelに関する最新のニュースは、www.nortel.com/newsでご覧いただけます。


当プレスリリースには、「可能性」「見込み」「場合」「期待」「思われる」「意向」「約」「計画」「想定」「努める」およびそれらに類似する表現およびそのバリエーションが含まれている場合があります。これらの表現は、関連証券法にもとづく予示的声明や情報を示しています。これらの情報は、Nortelを囲む事業環境、景気、市場に対するNortelの現時点における期待、見積、予測、予想に基づいています。またこれら情報は、予想が難しい重要な推定、リスク要因、不確定要因の影響を受けます。当プレスリリースで説明された結果や出来事は、実際の結果あるいは出来事と異なる場合があります。これらの要因やその他の詳細については、Nortel が米国証券取引委員会に提出した年次報告書Form 10-K、四半期報告書Form 10-Qおよびその他の提出書類に記載されています。Nortelは、適用法により要求されない限り、新情報、将来の出来事、その他の如何にかかわらず、あらゆる予示的声明を含め、このプレスリリースのあらゆる記載情報について、それを更新・改正する意思あるいは義務を放棄します。


* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。