logo

最新のマルチメディアケータイに対応するIP/モバイルセントレックスSaaS 「アジルフォン for SoftBank X02NK」を新発売

~使い勝手に優れた携帯インターネット電話、携帯電話内線化サービスをローコストで実現~

IP/モバイルセントレックスを提供するアジルネットワークス株式会社(本社:東京都中央区代表取締役:篠田亘司)は、ソフトバンクモバイルの新マルチメディアケータイ“SoftBank X02NK / Nokia N95”で利用できるIP/モバイルセントレックスSaaS(ソフトウェア貸し出しサービス)「アジルフォン for SoftBank X02NK」を発表するとともに、本日より本サービスの提供を開始いたします。コンシューマ市場をメインターゲットとする“SoftBank X02NK / Nokia N95”(以下X02NK)は、5.0メガピクセルカメラ搭載、自分の位置を確認できるGPSなどのマルチメディア機能を装備しています。

- “X02NK”標準のインターネット電話ソフトでアジルフォンが利用可能
標準のインターネット電話ソフトにアジルフォンが対応しているため、特別にソフトフォンを用意する必要はありません。そのため携帯をご購入後、アジルフォンのサーバーアドレス、ID、パスワードを設定するとすぐにインターネット電話の発着信が利用できます。(利用には無線LANでのインターネット接続が必須となります)
- 気軽に使える携帯インターネット電話、海外からの通話料も格安に
家庭でもインターネットが利用できる無線LAN環境が普及していますが、「アジルフォン」ではご契約中のインターネット・サービス・プロバイダーはそのままご利用になれます(プロバイダフリー・サービスとなります)。また、外出時に個人で利用できる無線LANスポットサービスが増えており、そうしたサービスがご利用になれます。例えば、無線LANを使用してインターネットアクセスを会員相互で共有できる「FON」にも対応、世界各地から携帯インターネット電話が使用できるようになります。
- 中小企業で利用しやすい携帯電話内線化サービス(モバイルセントレックス)をローコストで実現
企業向けの「アジルフォンビズ」を利用する場合は、オフィスでは内線電話の子機として、外出時に携帯電話として利用でき、どこにいてもビジネスフォンとして着信を受けられるソリューションがローコストで実現できます。これまで無線LAN対応の携帯電話を内線子機として利用するためには、専用設備が必要だったり、用途を特定した法人向け携帯でなければならないなど、中小規模の企業などでサービスがうまくマッチしないケースもありました。“X02NK”は、豊富なマルチメディア機能を備えており、従来のビジネス用途だけに限定されない魅力的な携帯電話となっています。
- アジルショップからアジルフォンサービスと“SoftBank X02NK”を合わせてご購入が可能
“X02NK”は一般向けに販売されおり、アジルフォンと組み合わせることで誰でも手軽に携帯インターネット電話がご利用になれます。アジルネットワークスのホームページ(リンク)から、アジルフォンのサービスおよびマルチメディアケータイ“X02NK”を一緒にお申し込みいただくことも可能です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。