logo

小型商用車の普及が進むブラジル

インドの調査会社RNCOS社は出版レポート「ブラジルの自動車産業調査:市場概観と2010年までの予測ーBrazil Automobile Industry till 2010」のプレスリリースにおいて、ブラジルの自動車産業における小型商用車分野は、2007-2010年に乗用車よりも高いCAGRで成長するという予測結果を発表した。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「ブラジルの自動車産業調査:市場概観と2010年までの予測ーBrazil Automobile Industry till 2010」は、ブラジルの自動車産業は2006年の乗用車の記録的な販売によって、大きな収益を上げたと報告する。しかし、2006年の乗用車販売が記録的なものであったとしても、1000人あたりの乗用車の普及率は未だ非常に低いと考えられるため、成長の余地はまだまだ大きい。

また調査レポートによれば、ここ数年間、低中産階級家庭の登場によって、ブラジルの貧困層が減少している。驚くべきは、低中産階級家庭の収入の向上率は、裕福な家庭を上回り、その結果、乗用車や耐久消費財の消費が伸びている。その上、自動車ローンの利用が簡単になり、地方と都会の接続がよくなったため、ブラジルの自動車販売は促進されている。

しかしRNCOS社は、ブラジルの自動車産業における小型商用車分野は、2007-2010年に乗用車よりも高いCAGRで成長すると予測している。

農業国であるブラジル郊外の人々は、物品の運搬や交易のために、小型商用車を多く利用している。このような発展が予測され、地方と地方、地方と都会の相互接続を促進し、小型商用車などの新車の利用がさらに進んでいる。したがって、ブラジルの自動車産業における小型商用車分野は、数こそ少ないが強い需要があり、2007-2010年には乗用車の成長を上回るだろう。

その上、混合エタノール燃料に対する政府の支援のために小型商用車やグリーン燃料の選択が促進し、ブラジルの小型商用車生産台数にも影響するだろう。

調査レポート「ブラジルの自動車産業調査:市場概観と2010年までの予測」は、小型商用車だけでなく、トラックやバスなどのブラジルの交通システムに関する情報を記載している。最新の市場概要と、ブラジルの自動車産業の将来、輸出・輸入シナリオなどの主要な市場促進要因、自動車部品市場、自動車関連産業と自動車産業に影響を与える主要な出来事について記載している。


[調査レポート]
ブラジルの自動車産業調査:市場概観と2010年までの予測
Brazil Automobile Industry till 2010
リンク

RNCOSについて
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。