お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

サンプランソフト、統合貿易販売管理システム「TradingV2 (R3)」を発表

株式会社サンプランソフトが、統合貿易販売管理システムTrading V2シリーズ第3弾、TradingV2 (R3)をリリース。

株式会社サンプランソフトは統合貿易販売管理システムTrading V2シリーズ第3弾、TradingV2 (R3)を 6月1日にリリースします。 
創業以来15年間、貿易システムを専門に開発・販売してまいりましたノウハウ及びお客様のご要望を生かした新機能をこのシステムに追加しています。

 TradingV2は、見積・受注・発注(P.O.)から在庫・販売、売掛金・買掛金管理と、貿易で必要な、船積書類(Invoice, Packing List, S/I, S/A, etc.)作成機能をもち、全ての帳票、書類が複数通貨管理かつ英文対応可能な統合型貿易販売管理システムパッケージです。 国内、海外、三国間貿易の管理を1システムで行うことができます。 また、会計仕訳データの出力ができますので、会計システムとの連携が可能な設計になっています。標準で連携可能な会計システムは 勘定奉行(OBC)、GEMPLANET(日立)、財務大将(MJS)、GLOVIA(富士通)など。
 これまで、海外取引がある中小・中堅企業には基幹システムとして、また大企業の部門(国際部、貿易部など)システムとして多くの企業に導入させて頂きました。

今回、TradingV2(R3)での機能強化点は以下の通りです。
① 内部統制を見据え、担当者と入力者を分けた。
② 入力者ごとの操作ログ収集機能。
③ 前受金管理、前払金管理の強化。
④ ノックダウン処理
⑤ 在庫のユニット化(組み付け処理)を設置。

今まで通り、カスタマイズにも柔軟に対等いたしますが、多種業種において、標準版パッケージでのフィット率がより一層高くなったといえます。

価格は据え置き、年間100ライセンスの販売を目指します。 

【お客様お問合せ先】
 ホームページ: リンク
 東京Office; (03)3523-0840
 名古屋本社: (052)564-8861

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。