お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

携帯動画サイト4社による「合同ケータイ試写会」開催のお知らせ

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

携帯動画サイト4社による「合同ケータイ試写会」開催のお知らせ

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



---------------------------------------------------------
※本リリースは、関係各社より同様の内容で重複して配信されることがありますが、
あらかじめご了承ください。
---------------------------------------------------------

ネットワークサービスを提供する株式会社ISAO(本社:東京都品川区、代表取締役社長:鈴木正彦、以下ISAO)は、5月23日から6月2日まで、株式会社角川モバイル、株式会社ドーガ堂、株式会社フロントメディア(五十音順・敬称略)と共同で「合同ケータイ試写会」を開催いたします。

このたびの合同試写会で配信される『コルボッコロ』『TOKYO PUNCH!』は、個人や中小製作会社のクリエイターを対象にしたオリジナル・アニメーションの制作支援事業である「動画革命東京」の作品です。「動画革命東京」は東京都の支援によりパイロット版映像を製作し、それを基とした大規模作品化の展開を行っております。
この『コルボッコロ』と『TOKYO PUNCH!』の試写会を、ISAOが運営する携帯動画サイト「MOVIEFULL(ムービーフル)」ほか、「iムービーゲート」、「Qlick.TV(クリックドットティービー)」、「ドーガ堂」(五十音順・敬称略)にて、一斉に実施します。
これはサイト間の垣根を超えた画期的な試みであり、多くのユーザーに対してモバイルでの動画視聴をまず気軽に楽しんでもらうことを主眼としたものです。試写会実施時期に発売予定のドコモ906iシリーズを筆頭に、「ハイスピード端末」のシェアは日ごとに高まる様相です。より一層のモバイル動画市場の振興をはかるべく、携帯動画サイト4社が一丸となって催すこの合同試写会に、どうぞご期待下さい。

---------------------------------------------------------
■合同ケータイ試写会配信作品 
---------------------------------------------------------
▼「動画革命東京」第一期支援作品
『コルボッコロ』クリエイター:糸曽 賢志(いとそ けんじ)
1978年、広島生まれ。大学在学中にスタジオジブリで募集した演出家オーディションに合格、宮崎駿監督にアニメ演出を直接学ぶ。2006年、大林宣彦氏プロデュースの「セイキロスさんとわたし」を監督。同年「探偵事務所5 特別編 薔薇は13で待て」を脚本・監督。文化庁平成18年度新進芸術家国内研修員に映画監督として認定。昨年はハリウッド作品「トランスフォーマー」アニメ版の演出を手がけるなど、今最も期待される映像クリエイターである。
【あらすじ】文化と科学の発展を優先するがゆえに自然の居場所を失った街を舞台に物語は展開する。その街の姫という立場でありながら自分の存在意味に悩み居場所を失い始めている14歳の少女「鈴」と、ある日偶然出会った自然の精霊「コルボッコロ」が共に、荒廃した街の平和と自然を取り戻そうとするSFエコファンタジー作品。(作品1話 32分)

▼「動画革命東京」 第三期支援作品
『TOKYO PUNCH !』クリエイター:フレデリック・スマーニャ
フランス出身のCGアーティスト。パリおよびロス・アンジェルスにて映画、TVCMなどのテクニカルディレクターとして活躍。主要参加作品は「ロストチルドレン」「タイタニック」「ゴジラ(US版)」「Xメン2」など。2003年に来日後、CGスタジオを設立し、ディレクターとして活動。現在はモノリスSKGのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとしてオリジナリティ溢れる作品を発信し続けている。
【あらすじ】ワーキングホリデーで東京にやってきた、ちょっと間抜けなイギリス人ハワード。日本で「ガイコクジン」として生活するのは、日々挑戦の連続である。自分の言葉はなかなか理解してもらえず、身振り手振りすら通じないことも。食べ物は時に奇妙で、標識や看板は読めない字で書かれ、ハイテクな機器はしばしば手におえない。難業苦行に遭いつつもハワードは、試練に立ち向かうヒーローのように邁進する。クリエイターのフレデリック・スマーニャが、自分自身の日本生活体験をもとにコメディタッチで描くショートアニメーションシリーズ。(作品1話5分×全5話 ※合同試写会は第一話のみ)


---------------------------------------------------------
■合同ケータイ試写会概要
---------------------------------------------------------
開催日時:2008年5月23日(金)~6月2日(月) ※各サイトともiモードのみの実施
視聴料金:合同ケータイ試写会における配信コンテンツは各サイトとも無料(※1)
     ※1 視聴料無料。パケット通信料は別途かかります。
配信作品:『コルボッコロ』(32分:糸曽 賢志 作)
『TOKYO PUNCH !』(5分:フレデリック・スマーニャ 作)

【実施サイト】
●完全無料エンターテインメント携帯動画サイト「MOVIEFULL(ムービーフル)」
URL:リンク
iMenu→メニューリスト→動画/ビデオクリップ→総合バラエティ→ムービーフル動画
運営:株式会社ISAO(本社:東京都品川区 代表取締役社長:鈴木 正彦)

【その他の実施サイト】(サイト名称による五十音順・敬称略)
●ケータイ総合バラエティ動画サイト「iムービーゲート」
URL:リンク
iMenu→メニューリスト→動画/ビデオクリップ→総合/バラエティ→iムービーゲート
運営:株式会社 角川モバイル(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:佐藤 辰男)

●ケータイテレビQTV「Qlick.TV(クリックドットティービー)」
URL:リンク
iMenu→メニューリスト→動画/ビデオクリップ→総合/バラエティ→Qlick.TV
運営:株式会社フロントメディア(本社:東京都港区 代表取締役社長:市川 茂浩)

●総合エンタメサイト「ドーガ堂」
URL:リンク
iMenu→メニューリスト→動画/ビデオクリップ→総合/バラエティ→エンタDX ドーガ堂
運営:株式会社ドーガ堂(本社:東京都中央区 代表取締役社長:久松 猛朗 )


※ケータイ試写会の視聴には、各サイトの会員登録(無料)が必要となります。
※ケータイ試写会に参加されるためには、パケット定額制のお申込みを推奨いたします。
※サービス内容・配信作品などは変更することもあります。



【 MOVIEFULL(ムービーフル)について】
「MOVIEFULL」は、DoCoMo(iモード)、au(EZweb)およびSoftbank(yahoo!ケータイ)の公式サービスとしてISAOが提供する無料携帯動画サイトです。今後も「MOVIEFULL」では高速データ通信の普及を背景に、魅力的な動画コンテンツをより高画質かつ高音質の滑らかな映像でお楽しみいただけるようにするとともに、音楽ライブなどの生中継をはじめ、アニメ、ドラマ、スポーツ、バラエティなど、さまざまなコンテンツの提供を行います。 リンク

<サイトアクセス方法>
・DoCoMo(iモード公式サイト)
[iMenu]→[メニューリスト]→[動画/ビデオクリップ]→[総合/バラエティ]→[ムービーフル動画(無料)]

・au(EZweb公式サイト)
[トップメニュー]→[カテゴリ検索]→[音楽・映画・芸能]→[映画情報]→[MOVIEFULLエンターテイメント動画]

・Softbank(yahoo!ケータイ公式サイト)
[ニューリスト]→[芸能・映画・音楽]→[映画・ドラマ]→[MOVIEFULL動画]


【ISAOについて】
株式会社ISAOは、1999 年、ネットワークサービス企業として設立されました。PC、携帯、家庭用ゲーム機、セットトップボックスなど、さまざまな端末を対象としたネットワークサービスにおいて、めまぐるしい技術変化に対応しながら、豊かな発想を活かした“楽しい!”をかなえるネットワークサービスカンパニーです。
 リンク

※記載された内容は発表日現在の情報です。また、文中に記載された会社名および製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
※その他の画像素材をご希望の場合は、お問合せください。また、画像を使用される場合は下記の (C)表記の掲載をお願いいたします。
「コルボッコロ」・・・(C) Kenji Itose/コルボッコロLLP
「TOKYO PUNCH!」・・・(C) フレデリック・スマーニャ/TOKYO PUNCH LLP


----------------------------------------------------------------------
□本ニュースリリースに関するお問い合わせ先/配信元
----------------------------------------------------------------------
【サービス内容・画像素材等に関するお問い合わせ先】
株式会社ISAO 経営企画室 松尾・和田
TEL:03-5759-8733  FAX:03-5759-8735  (2008年5月23日(金)まで)
E-mail:press_isao@isao.co.jp

※2008年5月26日から、お問い合わせ先の電話番号・FAX番号が変更になります。
【新】2008年5月26日(月)以降  TEL:03-5449-8473  FAX:03-5449-8465  
----------------------------------------------------------------------
【報道関係のお問い合わせ先】
株式会社ISAO PR事務局(ビルコム内) 廣部・菅原・矢倉
TEL:03-5766-8411  FAX:03-5766-8419
E-mail:bil-press@bil.jp
----------------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。