logo

SNS作成の目的は、『大人の隠れ家』をつくるため~「So-net SNS」(β版)、SNSオーナーアンケート調査より~

リンク

ソネットエンタテインメント株式会社(サービス名称:So-net)は、国内最大級のSNS無料作成サービス「So-net SNS」(β版) *1において、SNSオーナーを対象としたアンケートを行いました。513名の有効回答を集計した結果は以下の通りです。


■運営しているSNSのテーマは「趣味・サークル」や「同窓会」が多くを占める
運営しているSNSのテーマは、「趣味・サークル」(33.7%)や「同窓会」(15.0%)が約半数となりました。開設した理由も「趣味・趣向が合った人とのつながりや知識を共有したい」と、約3割(36.0%)のオーナーが回答しており、SNSの活用方法として、「面識のある少人数の集まりによる居心地の良い空間」という状況が見て取れます。

■10人以下の規模のSNSを運営しているオーナーが、約55%を占める
各SNSのメンバーの規模は、1~3人規模(25.7%)、4~10人規模(29.2%)と少数規模のSNSが多数となりました。

■SNSの運営期間は1年以上。1週間の運営時間は「1時間以内」
運営期間*2についての質問では、「12ヵ月以上」(24.1%)が最も多く、次に「6ヵ月~12ヵ月」(19.5%)となっています。またSNSの運営・管理にかける時間は、1週間で「1時間以内」(44.7%)が半数と、手軽に運営出来ています。

■オーナーをやっていて良かった事は、「メンバーがSNSで楽しんでくれること」
SNSオーナーは、「メンバーがSNSで楽しんでくれること」(29.5%)を一番の喜びと感じており、次いで「自分が自由にできるコミュニティを運営できること」(17.8%)、「コミュニティ運営の勉強ができた」(14.5%)などが挙がっています。作成したSNSの中でメンバーが楽しんでくれる事が、運営のモチベーションになっているようです。

■苦労した・悪くなった点は、「日記やコメントを書くのが、面倒になったこと」
反対に苦労した・悪くなった点は「日記やコメントを書くのが、面倒になったこと」(60.8%)となっており、オーナーとして、日々SNSの運営に接することの難しさも現れています。しかし、回答数(複数回答)としては、『良かった事』が963回答、『苦労した・悪くなった点』が237回答と、苦労しながらも喜びの多い点が伺えます。

■まとめ
今回のオーナーアンケートから見える個人SNSの実態は、現在SNS自体の安全性や問題点などが指摘されているなか、気心の知れた仲間と居心地の良い「サークルの溜まり場」的な場所、『大人の隠れ家』といったSNSの新たな見方があることがわかりました。既に面識のある仲間同士の交流なので、安心して息の長いコミュニケーションが可能であると考えられます。
またオーナーの年齢構成を見ると、「30歳代」(37.0%)が最も多く、次に「40歳代」(31.3%)となり、子供の頃からPCがある環境で育っている「20歳代」(16.0%)を上回っています。さらにSNSオーナーの約1割(9.7%)が50歳以上の「シルバーサーファー」といわれる世代となっており、SNSは若者だけのコミュニティではなく、多くの世代から支持されるコミュニティ空間であることもわかりました。

「So-net SNS」では、SNSの開設・運営に関する分析・検証を行っており、今後、SNSを作成する最適な環境を提供していきます。

*1「So-net SNS」(β版)概要
国内最大級のSNS作成サービスである「So-net SNS」(β版)は、2006年6月6日よりサービス を開始。累計開設数は27,000SNS、ユーザー数は190,000人を数えます。SNSのジャンルは、ゲーム、アニメ、同窓会、地域コミュニティ、業界など、多くの人が集うテーマをほぼすべて網羅する一方、ニッチなテーマを扱うSNSも数多く誕生し、多種多様な拡がりを見せています。「So-net SNS」の管理画面は、平均フレンド数やアクティブユーザー数などが一覧でき、SNSオーナーがSNSを運営していく上で、その状態を把握できる機能が充実しています。

*2「So-net SNS」(β版)は、60日間以上どなたもログインされない場合は閉鎖されるシステムとなっています。(実際、アクティブに活動されているSNSのみのデータ)



○調査概要

・調査内容:SNSオーナーに関するアンケート
・調査期間:1ヵ月間(2008年3月10日から4月10日)
・対象者:「So-net SNS」(β版)のなかから、アクティブに稼動するSNSオーナーのうち、513名の有効回答
・調査方法:WEBによるアンケート調査(無記名、設問数:23)


                                         以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。