logo

競馬予想・回顧の「WEB論壇型」集合知サイト 「競馬ナンデ」 βサービス開始

 技術コンサルティング業務を行う株式会社ベストマテリアは、ユーザー参加によって競馬予想・回顧のアーカイブスを形成していくWEB論壇「競馬ナンデ」を、4月21日、β公開しました。
 現在も実験段階ではありますが、非常に精緻・詳細で、300~2000字に上るハイレベルな予想・回顧が数多く寄せられており、ユーザの予想手法や他のユーザによる拍手によって整理して掲載され、アーカイブスを形成していっています。
 専門紙記者等に比べてしがらみのない一般競馬ファンに、「根拠つき」予想・回顧発表の場を提供することにより、競馬知識を集合知化する試みがスタートしました。

 技術コンサルティング業務を行う株式会社ベストマテリアは、ユーザー参加によって競馬予想・回顧のアーカイブスを形成していくWEB論壇「競馬ナンデ」を、4月21日、β公開しました。


競馬ナンデ 予想・回顧アーカイブス
リンク


■サイト内容
1、業界初の競馬予想・回顧の「WEB論壇型」アーカイブス
 競馬ナンデは、無料登録したユーザが、競馬の各レースごとに、予想・回顧の「印(◎○▲×)」に「根拠」を添えた形で投稿・発表することができる「WEB論壇」です。
 投稿された予想・回顧は、ユーザの予想手法等により整理して掲載され、アーカイブスを形成していきます。また、他のユーザーの参考になった場合には「拍手」がなされ、その数によって評価・ランキング化されます。

2、集合知型コミュニティサイト
 ユーザは各々マイページを持ち、そこには自分のプロフィール・バックグラウンドとともに、自分が過去に投稿した予想・回顧が陳列され、拍手をどのくらい受けたかといった成績も表示されます。
 このページは他人からも閲覧可能で、ユーザは、自分にとって参考になる知識を豊富に有する予想家を見つけることができます。そして、気になる予想家を「お気に入り」に登録して、お気に入りの予想家の予想だけを一覧したり、メッセージを送受信することができます。

3、ユーザの「予想手法による属性分け」という新発想
 ユーザーは登録時に、自分の予想型、すなわち競馬予想をするときにどのファクターを重視するかを6つの型から選んで申告します。競馬予想の場合、例えば馬の血統から予想する人・レースの展開から予想する人といった風に手法が異なるため、属性分けして、検索可能にすることにより、自分と手法の合うユーザーを見つけやすいようにしました。

4、競馬をより知的に楽しむため、有用知識を集積するために
 従来、競馬情報に関する掲示板の類はありましたが、匿名で無責任であることや、根拠を示さず「印(◎○▲)」のみが羅列されることにより、競馬に関する客観的知識が集まる場はありませんでした。
 そこで、「競馬ナンデ」では、無料登録制で非匿名にすることで、書込みについて一定の責任を担保し、また「50文字以上の根拠」を必須とすることによって、有用な知識だけが集積されていくよう工夫しました。

5、業界初の「回顧サイト」
 従来、レースの「予想」には焦点が当たりやすく、「予想」が集まるサイトは存在しましたが、レースの「回顧(レースがどのような結果になったかについて振り返り解説するもの)」が集まるサイトはありませんでした。競馬は一般的に、眼前のレースの馬券的中にのみ関心が集中しやすいからで、既に終わったレースを振り返ることは面倒でもあり敬遠されがちであったからだと思われます。
 しかし、本来、行われたレースを振り返ること(回顧)は、いかにして実際のレースが展開し、いかに馬券が的中あるいは不的中となったかを知ることのできる「競馬知識の宝庫」とでもいうべきものであり、ひいては予想の能力向上に役立つものと考えられます。 そこで、あえて「回顧」を扱うことは、競馬知識の集合知化にとって不可欠だと考え、業界初の「回顧」サイトを開発するに至りました。

6、料金について
 少なくともβ版の間は無料で全てのサービスを公開し、ユーザーの反応を参考にしたうえで、無料のまま継続することも含めて、今後の料金設定を検討していく予定です。


■開発経緯
1、「根拠付き」予想・回顧の重要性
 競馬ナンデは、農林水産省設置の「地方競馬のあり方に係る研究会」中間報告書に述べられている「競馬は、馬の血統、馬のコンディション、競走成績等多岐にわたる要因を分析し競走での勝敗を予想するという知的な推理ゲーム」であるとの精神に即して制作・運用されています。
 それゆえ、競馬メディアにありがちな、「予想印の羅列」ではなく、予想印に至る過程=「予想の根拠」にこそ、競馬の面白さが詰まっていると考え、「根拠」に焦点を当てたサイトを制作しました。「ナンデ」という名前の由来でもあります。

2、一般競馬ファンに予想発表の場を提供することの意義
 実際に競馬予想の回収率が100%を超えている者=馬券で儲けている者が存在すること、彼らが独自に競馬を研究し、専門的な知識を身につけていることを、私たちは開発前段階の調査で確認してきました。そして、彼らが、競馬専門紙記者等プロの予想家以上の回収率を誇っている理由を、私達は以下のように分析しています。
 
 (1)紙媒体に予想を載せる記者等は、天候やコースの状態等レースの様々な条件が確定する前に予想することを強いられている。これに対し、一般競馬ファンがWEBを利用すれば、それらが確定する、レース直前まで予想が可能である。
 (2)記者等は、開催される全てのレースについて予想しなければならないため、ある特定の条件のレース、例えばダートコースのレースなどに特化することができず、専門的知識を得ることができていない。これに対し、一般競馬ファンにはそのような束縛がないため、各々に特化した専門的知識を修得している。
 (3)記者等は、取材対象者である者に対して予想を行わなければならないため、一種の「遠慮」や「私情」が介在し、純粋な予想に徹しきれていない。これに対し、一般競馬ファンには当然こういったしがらみがなく、自由に発言できる。
 
 これらの理由から、一般競馬ファンこそ、より有益な予想情報・競馬知識を発信できるのです。
 実際に、現在も実験段階ではありますが、非常に精緻・詳細で、字数にしておよそ300~2000字に上るハイレベルな予想・回顧が数多く寄せられています。

______________________________________________________________________

【株式会社ベストマテリアについて】
代表取締役:木原重光
〒190-0001
東京都立川市若葉町2-2-1
TEL:042-535-0937(10:00-19:00)
FAX:042-535-4202
e-mail:g-kihara@b-mat.co.jp
WEB:ホームページ リンク
競馬ナンデ  リンク
担当:木原剛

このプレスリリースの付帯情報

ユーザにより寄せられた「根拠つき」予想の一覧画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

WEB論壇:WEB上に設けられた、ユーザが自由に意見発表できる場所。掲示板との違いは、非匿名制により、意見に対する一定の責任が担保されている点。

集合知:多くのユーザが参加して情報を出し合うことで、情報が蓄積・洗練され、それらの集合が最終的に価値ある知識となっていくもののこと

レース回顧:レースがどのような結果になったかについて振り返り、解説すること。

地方競馬のあり方に係る研究会:地方競馬をめぐる諸問題及び今後の地方競馬の展開方向等を幅広く検討し、各主催者が今後の競馬運営を判断する際の一助とするとし、地方競馬の再構築に資するものとするために、農林水産省が設置した諮問機関。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事