logo

「ASP・SaaS 安全・信頼性に係る情報開示認定制度」において初認定を取得

株式会社パイプドビッツは、提供する情報資産管理ASP「スパイラル・メッセージングプレース(R)」について平成20年5月16日付で下記のとおり財団法人マルチメディア振興センター(東京都港区 理事長:有冨寛一郎)の運用する「ASP・SaaS 安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得いたしましたので、お知らせいたします。



認定制度名称:ASP・SaaS 安全・信頼性に係る情報開示認定制度
認定番号 :第 0008-0805号
認定サービス:スパイラル・メッセージングプレース
審査機関 :財団法人マルチメディア振興センター
認定日 :平成20年5月16日
認定機関 :平成20年5月16日から平成21年5月15日

以上

この制度は、総務省から公表された、「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示指針」(2007年11月27日)、「ASP・SaaSにおける情報セキュリティ対策ガイドライン」(2008年1月30日)を基に、利用者がASP・SaaSを安心して利用でき、拡大するASP・SaaS市場に対して健全な市場形成を図ることを目的として制定されたものです。
平成20年4月15日より申請受付が始まり、当社は、平成20年5月16日の制度運用開始後初めての審査会で認定されました。

当社は設立以来情報セキュリティ体制の維持・向上を目的としたプライバシーマークやISO/IEC 27001:2005/JIS Q 27001:2006、サービス品質の維持・向上を目的としたISO 9001:2000、またITサービスに特化した品質の維持・向上を目的としたISO/IEC 20000-1:2005/JIS Q 20000-1:2007を取得するなど、積極的に情報セキュリティ向上及びサービスの品質向上に取り組み、2001年より「スパイラル・メッセージングプレースサービス品質保証制度(SLA)」等を通じてお客様に品質基準等の情報開示を行なってまいりました。

今回の認定においても、これまでの当社の情報セキュリティおよびサービス品質向上への取組みを評価いただいたものと考えております。

当社は引き続き「データベースの銀行」を目指し、お客様により安全かつ質の高いサービスを提供できるよう努めてまいります。

→当社の取得認証についてはこちらをご覧下さい
リンク

■本件に関するお問合せ先
株式会社パイプドビッツ
広報部 担当:青木、三枝
受付時間:平日10:00~18:00(12/28~1/3を除く)
TEL:03-5771-6931
E-mail:pr@pi-pe.co.jp

■企業情報
会社名 株式会社パイプドビッツ(マザーズ3831)
リンク

本社  東京都港区元赤坂1丁目1番7号
代表者 代表取締役社長 佐谷 宣昭
事業内容 アプリケーション・サービス事業

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。