logo

コールセンターやヘルプデスクにおける、ユーザーサポート業務を大幅に効率化! 不特定多数の顧客にインターネット経由でサービスを提供する、 SaaS/ASP型の遠隔サポートソフトウェア「LAPLINK ASP 2」を新発売!

通信ソフトの開発メーカーである株式会社インターコム(〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5反町ビル、TEL:03-3839-6231、資本金:8,400万円、社長 高橋 啓介)はこのほど、コールセンターやヘルプデスク等のユーザーサポート担当者パソコンから顧客のパソコンを遠隔操作して問題を解決する、SaaS/ASP型の遠隔サポートソフトウェア 『商品名:LAPLINK ASP 2 (ラップリンク エーエスピー ツー)』を開発、2008年6月27日より販売を開始いたします。「LAPLINK ASP 2」の導入企業は、不特定多数の顧客に対して、インターネット経由で様々な遠隔サポートの機能を提供できます。

今回、販売開始に先駆けて、2008年5月14日~16日に東京ビッグサイトで開催される「第13回 データウェアハウス&CRM EXPO(コンタクトセンター ゾーン)」に本商品を出展します。(東ホール 小間番号 東10-2)

近年、顧客満足の向上や他社商品との差別化のため、アフターサービスの充実に注力する企業が増加しています。特に、パソコンメーカーやISP、ソフトウェアメーカー、システムインテグレーターなどの企業では、パソコンに関わるトラブル解決や操作支援のために、サポート担当者のパソコンから顧客のパソコンを遠隔操作する方法が採られています。そのような企業では不特定多数の顧客に対してユーザーサポートを行う必要があるため、顧客がサポートを受けたいときすぐにインターネット経由でサービスを利用できる、SaaS/ASPタイプの遠隔サポートソフトウェアに高いニーズがあります。

今回新発売する「LAPLINK ASP 2」は、不特定多数の顧客を持つコールセンターやヘルプデスク等のサポートセンター向けに年間契約で提供する、SaaS/ASPタイプの遠隔サポートソフトウェアです。本商品で提供する遠隔サポートサービスは、インターコムが運営する専用サーバーからインターネット経由で行われます。導入企業、およびその顧客の双方がインターネットに接続できる環境さえあればすぐにサービスを開始できます。

不特定多数の顧客へパソコンの遠隔サポートサービスを提供するにあたり、「LAPLINK ASP 2」導入の利点は2つあります。1つは、不特定多数の顧客へのサービス提供に最適な料金体系です。サポート対象のパソコン台数や利用時間に関係なく、定額で利用できるのでコストパフォーマンスに優れます。次に挙げられるのが、導入の容易さです。ユーザーサポートを行う企業は自社Webサイトにサービス開始用のボタンを貼り付けるだけでサービスを提供できるようになり、導入する上での負担がほとんどありません。また顧客はWebサイト上のボタンをクリックするだけで必要な機能が自動的にダウンロードされ、すぐにサポートを受けることが可能になります。手順が簡単なため、サポート対象に初心者が多いケースでもスムーズにサービスを提供できます。

本サービスでは、遠隔サポートで懸念される情報漏洩や不正接続などを防止し機密を保護するために、セキュリティ面についても様々な工夫を行っています。その1つが、遠隔サポートの開始が顧客側からのみ行える点です。そのため顧客はサポート担当者から不正に接続を受ける心配がありません。また、通信データを最大キー長256bitで暗号化※1して保護できます。加えて、顧客側で操作されたくないアプリケーションプログラムの起動を禁止できたり、重要な個人情報などが含まれるフォルダやファイルへのアクセスを禁止するなどの設定※2がでるようになっています。その他、不正な接続や操作の抑止に有効なログの記録など、顧客が安心して利用できる仕組みを備えています。

今回新たにユーザー企業様からのご要望を元に、カスタマイズ機能をオプションとして用意しました。オプションは「ウィンドウタイトル変更」と「API連携」の2つの機能で構成されます。「ウィンドウタイトル変更」機能は顧客側で表示されるウィンドウ画面のタイトルを自由に決めて表示できます。これにより遠隔サポートを自社オリジナルのサービスとして提供できます。また、「API連携」機能を使用することで、他の業務アプリケーションにリモートコントロール機能を組み込むことができます。例えば、資産管理ソフトの一機能として、社内向けの遠隔トサポートを付加することが可能になります。

インターコムは、遠隔サポートソフトウェアの「LAPLINK ASP 2」を発売することにより、企業のサポート部門における、「顧客の状況把握が難しい」、「説明がうまく伝わらない」、「問題がなかなか解決しない」などの悩みを解消し、ユーザーサポート業務の大幅な効率化を支援します。

※1 256bit暗号化はWindows 2000/Me/98 SE/98には非対応です。
※2 リモート コントロール時のフォルダ セキュリティは、Windows Vista / Me / 98 SE / 98 には対応していません。また、Documents and Settings 以下、Program Files 以下、Windows フォルダ以下、ごみ箱をアクセス禁止にすることはできません。またWindows Vista ではプログラムセキュリティ機能は使用できません。


■商品概要/販売スケジュール

<商品名>
LAPLINK ASP 2(ラップリンク エーエスピー ツー)

<販売開始日>
2008年6月27日

<価格>
標準価格 1ライセンス/1年 200,000円(税込 210,000円)~
※2008年12月末日まで新発売キャンペーン特別価格 1ライセンス/1年 180,000円(税込189,000円)~ で販売いたします。

<販売予定>
初年度 1億円

<動作環境>
【OS】
・サポートセンター側
日本語 Microsoft Windows Vista Ultimate、Business、Home Premium、Home Basic / Windows Server 2003 Standard Edition(SP2) / Windows XP Professional(SP2)、Home Edition(SP2) / Windows 2000 Sever(SP4) 、Professional (SP4)

・クライアント側
日本語 Microsoft Windows Vista Ultimate、Business、Home Premium、Home Basic / Windows Server 2003 Standard Edition(SP2) / Windows XP Professional(SP2)、Home Edition(SP2) / Windows 2000 Sever(SP4) 、Professional (SP4)/ Me / 98 SE / 98

※Windows Vista / Server 2003 / XP はすべて32bitバージョンです。
※Windows Vista Service Pack 1(SP1)での動作確認済みです。

【コンピュータ本体】
PentiumIII 800MHz 相当以上推奨
※Windows Me / 98 SE / 98 の場合は400MHz 以上推奨

【メモリ】
128MB以上推奨
※Windows Vista の場合は1GB以上推奨
※Windows Me / 98 SE / 98 の場合は64MB以上推奨

【ハードディスク】
32MB以上の空き容量


【接続形態】
インターネット接続(光ファイバー、ADSL、CATV など)
※ネットワーク接続(LAN、WAN)での運用も可能です。弊社営業部までお問い合わせください。

【ネットワークプロトコル】
TCP/IP

【通信環境】
インターネットに接続できる環境

【IPアドレス】
・サポートセンター側/クライアント側
グローバルIP アドレス、プライベートIP アドレスどちらでも可能です。

【ブラウザ】
Internet Explorer 6.0以上

【サウンドカード】
ご使用になるOS対応のサウンド カード
※ボイス チャットを全二重でご使用になる場合は、サポートセンター/クライアント側とも全二重に対応したサウンド ドライバが必要です。
※全二重でのご使用を推奨します。

【プリンタ】
ご使用になるOS対応のプリンタ
※独自のスプール プログラムを使用するものや使用するポートを確認する一部のプリンタには対応しておりません。

【制限事項】
※他のLAPLINKシリーズとは接続できません。同一PCにインストールすることは可能です。
※サポートセンター側プログラムと、クライアント側プログラムを同一PCにインストールすることは可能ですが、同時に起動するこ 
とはできません。
※ファイアウォール環境でインターネット接続をする場合、パケット フィルタリング タイプのファイアウォールにのみ対応しています。
※WinGやDirectDrawを使用した動画などを表示するアプリケーション(Win DVD など)をリモートコントロールすることはできませ
ん。
※Windows XPの「ユーザー簡易切り替え機能」には対応していません。
※Windows Me / 98 SE / 98 では一部のディスプレイドライバでご利用いただけない場合があります。
※LAPLINK 起動中はスリープ機能を利用できません。

【Windows Vista での制限事項】
・「Windows Aero」には対応しておりません。リモートコントロール時には自動で「Windows ベーシック」に切り替わります。
・リモートコントロール中に、サポートセンター側からクライアント側の「ユーザーのアカウント制御(UAC)」昇格時の確認ダイアログや「保護されたデスクトップ」は操作できません。
・「Ctrl+Alt+Delete キーの送信」「プログラムセキュリティ」機能、リモートコントロール時の「フォルダセキュリティ」機能は使用できません。
・「ユーザー切り替え」には対応しておりません。
・クライアント側「通信ログ」の「リモートコントロール」に関する操作は記録されません。


<本商品に関する問い合わせ先>
株式会社インターコム
SMB事業部
パートナー営業部
TEL:03-3839-6340
お問い合わせフォーム:
リンク


<本ニュースリリースに関する問い合わせ先>
株式会社インターコム
マーケティング部
広報宣伝課 池田 雅志、澤田 季治
TEL:03-3839-6775 E-mail:masashi@intercom.co.jp

<商品Webサイト>
リンク

<商品写真データ>
リンク

<PDFカタログ>
リンク


※interCOM、株式会社インターコムの登録商標です。
※Microsoft、Windows、Windows Vista、Windows Server、Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※その他、記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
※本商品の内容・仕様および画面デザインは、予告なく変更する場合があります。

このプレスリリースの付帯情報

メイン画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。