お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Digi International 英Sarian Systems社を3,050万ドルで買収

ヨーロッパのワイヤレスルータのリーディング企業

Digi International社 (本社・米国、ジョー・ダンズモアCEO、NASDAQ:DGII)は、このほど、英国に本社を持つ株式非公開企業であり、ヨーロッパのワイヤレスルータ市場のリーダであるSarian Systems社を買収したことを発表しました。 買収は現金取引で、Sarianのすべての普通株、約3,050万ドルを対象にしたものです。購入価格は、買収日付現在のSarianの貸借対照表の現金(推定250万ドル)を考慮に入れています。


Sarian Systems社は、不可欠なアプリケーションのための高度なワイアレス/携帯電話IPルータ機器を設計、開発、製造しています。同社は、自ら包括的なIPオペレーティングシステムとソフトウェアを開発することで、優れた技術や柔軟性、迅速なカスタマイズをカスタマに提供します。垂直的な市場へのフォーカスと深いプロトコルの知識によって、SarianはATMコネクティビティ、小売と決済システムのコネクティビティ、リモート監視または遠隔測定、宝くじ端末のコネクティビティ、有線ブロードバンド接続の無線バックアップといった強力な顧客基盤を構築しました。このようなマーケットへのフォーカスは、Digiのマーケットアプローチを大きく補完するものです。


「私たちがSarian社のチームとビジネスを知るようになると、この買収が多くのレベルで大きな適合をもたらすことが、すぐに明白になりました。当社は、ヨーロッパから世界の他の地域に拡大できる高成長・高収益のワイヤレスビジネスを獲得しました。私たちは、非常に似通った企業文化と垂直的な市場に向けた戦略を持っています。従って、両社の統合は容易です。そして、Sarianの強力なヨーロッパでのエンジニアリングおよびセールスによって、私たちはビジネスの国際的な内容と能力を早急に強めています」と、Digi Internationalの会長兼CEOであるジョー・ダンズモアは話しています。


「大きな文化的、技術的な適合により、Digiは当社がヨーロッパやスカンジナビア、南アフリカ、その他の地域で持つ成長著しいビジネスを取るための理想的なパートナーと考えています。Digiが市場をリードするドロップ・イン ネットワーキングのテクノロジーと、私たちの柔軟な有線/無線のIPルーティング能力は、強力で大規模の組み合わせとなります」と、Sarian社のマネージング/テクニカルディレクタであるアンドリュー・フッド氏は話しています。


Digiは、買収日から会計年度の2008年度第3四半期に250万ドル、第4四半期に約350万ドルから550万ドルの売上にSarianが貢献すると期待しています。2009年度には2,300万ドルから2,700万ドルの売上になると予想しています。


■Digi Internationalプロフィール
1985年に設立されたディジ インターナショナル社は、米国ミネアポリスに本拠を持つ、ビジネス向けデバイスネットワーキングのリーディングカンパニーです。ネットワークやWebを介してローカルもしくはリモートの電子機器に接続するあるいは安全に管理するための信頼性のある製品とテクノロジーを開発します。ディジは、性能、柔軟性、品質の最高水準を提供し、世界的なネットワークの販売代理店やリセーラ、システムインテグレータ、OEMの通じて製品を届けます。
Digi Internationalの詳細は、リンク


■Sarian Systemsについて
Sarian Systems社は、ミッション・クリティカルな通信向けに設計された有線/無線のIPルータのメーカです。1999年に設立されたSarianは、YFM Private Equityにより資金管理され、英イルクリー、ヨークシャーに本社を持つ会社です。Sarian社は、第一に、小売、宝くじ、金融、テレメトリー、リモートアクセス市場でのビジネスをターゲットとしています。同社のブロードバンドとワイヤレスのルータは、ブロードバンドのバックアップ、ネットワーク性能監視、電子決済処理など多種多様な目的のために使われています。Sarian社は、American ExpressやTravelex、BP Oil といった優良企業をはじめ、40を超える国に製品を提供しています。オイルの製品を売ります。 T-Mobile やATM Operatorといった主要な通信事業会社も、日々のビジネスでのオペーレーションでのSarian製品を使用しています。同社の詳細については、www.sarian.co.ukをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。