logo

パッシブRFIDリーダーの市場動向と予測

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが5月に刊行予定です。

データをパッシブタグにコード化したり、タグを検索して情報を読み取るパッシブRFIDリーダーの市場は大きく変わりつつある。技術や関連規格の飛躍的進歩によって、市民の身分証明書(IDカード)や製品認証などの新たなアプリケーションが主流となった。統合レベルが高まり、RFID専用リーダーICが市場の成長分野となって、汎用コンポーネントに取って変わってきている。こういった変化のなか、RFID製品のプロバイダは、新たな大規模導入を狙ってエンドユーザーに技術を提供したり、市場に取り組む際のアプローチを再考する必要がある。米国の調査会社ABIリサーチは、2008年第1四半期のパッシブRFIDリーダーの市場を広範に調査した。この調査レポートは、パッシブリーダーとリーダー専用ICの市場ダイナミクスについて記載し、リーダーメーカーやエンドユーザーが抱えている主な課題を明示し、パッシブRFIDリーダーとリーダー専用ICの5年間予測を行っている。出荷台数および収益の予測データは、周波数、アプリケーション、地域別に分かれている。


◆調査レポート
パッシブRFIDリーダーの市場動向と予測: ISO 14443、ISO 18000-6、EPCglobal Gen 2、EPCglobal LLRP
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。