logo

ヤマハのIP電話会議システムに対応した IP/モバイルセントレックスSaaS「アジルフォンビズ for プロジェクトフォン」を新発売

~VPN不要でプロバイダーフリーのインターネット環境で無料電話会議~

IP/モバイルセントレックスを提供するアジルネットワークス株式会社(本社:
東京都中央区代表取締役:篠田亘司)は、ヤマハのIP電話会議システム“プロジ
ェクトフォン”の「PJP-50R」に正式対応させたIP/モバイルセントレックスSaaS
(ソフトウェア貸し出しサービス)「アジルフォンビズ for プロジェクトフォ
ン」を発表、本日よりサービスの提供を開始いたします。プロジェクトフォンを
利用しているユーザーは、アジルフォンを併用することでさらに利便性に優れた
機動性の高い電話会議を行えるようになります。

IP/モバイルセントレックスを提供するアジルネットワークス株式会社(本社:
東京都中央区代表取締役:篠田亘司)は、ヤマハのIP電話会議システム“プロジ
ェクトフォン”の「PJP-50R」に正式対応させたIP/モバイルセントレックスSaaS
(ソフトウェア貸し出しサービス)「アジルフォンビズ for プロジェクトフォ
ン」を発表、本日よりサービスの提供を開始いたします。プロジェクトフォンを
利用しているユーザーは、アジルフォンを併用することでさらに利便性に優れた
機動性の高い電話会議を行えるようになります。

ヤマハのプロジェクトフォンは、音響機器メーカーとして培った技術を活かした
自然な音声や操作性に優れているため、これまでは海外製品が多かった日本の電
話会議システム市場で順調にシェアを伸ばしています。プロジェクトフォンに「
アジルフォンビズ」を併用することで、特定のネットワーク環境での利便性を高
められます。

1.インターネット越しにプロバイダーフリーで電話会議を開催
「アジルフォンビズ」を併用することで、インターネット越しに企業ネットワー
クを接続して手軽に電話会議が開催できます。企業内の拠点間などで利用される
ことが多い電話会議ですが、プロジェクトフォンを使って独立した企業ネットワ
ーク間で電話会議を開催するためには、VPN(Virtual Private Network)を導入
する必要がありました。アジルフォンではインターネット上のSIPサーバを利用
できるため、ネットワークのセキュリティを低下させることなくNAT(Network A
ddress Translation)超えが可能になります。

2.無制限多地点接続の電話会議を実現
「アジルフォンビズ」を併用することで、電話会議の多地点接続を拡張できます
。プロジェクトフォンからアジルフォンビズを利用した電話会議サービスに接続
することで、参加者数が無制限の多地点接続に対応できるようになります。

※アジルフォン経由で6人以上が参加する場合は、複数の電話会議サービスを利
用する必要があります。また、実際の参加者数はサーバの負荷によって変わりま
す。

3.内線だけでなく、外線接続に対応する電話会議を実現
「アジルフォンビズ」を併用することで、手軽に外線から電話会議に参加できる
ようになります。アジルフォンでは、固定/携帯電話による外線接続(通常の電
話番号の使用)を利用することができ、多地点から外線接続で電話会議に参加で
きます。

アジルフォンビズは、企業向けのIP/モバイルセントレックスを実現するソリュ
ーションとして設計されていますが、オプションで実用的な電話会議サービス(
月額 1,000円~)を提供しています。今回発表のヤマハのプロジェクトフォンを
補完するソリューションにより、さらに使い勝手に優れたIP電話会議を開催する
ことが可能となります。アジルネットワークスでは、今後もパートナー企業と連
携するソリューションを拡大していきます。

【アジルフォンビズについて】
インターネット電話と企業でIPビジネスフォンを使用する際に必要となるIP-PBX
(IPプロトコル対応の構内交換機)機能をSaaS(ソフトウェア貸し出しサービス)
として提供するもので、約 5,600の法人契約(2007年12月現在)があります。本
サービスを利用することで、従来の電話を利用した場合に比べて、導入コスト、
メンテナンスコスト、通信コストを大幅に削減できます。

IP-PBXの機能をアウトソーシングすることで高額なIP-PBXの購入や工事費用が不
要となり、導入コストを従来の10分の1以下に削減できます。(初期費用0円、月
額基本料金 5,000円~)Webブラウザ上から簡単な操作で各種設定を行えるため
にメンテナンスコストも削減できます。また、企業内の拠点間通話(同一契約者
間)、アジルフォン同士の通話料金は無料で、固定/携帯電話への通話料金もイ
ンターネット経由で利用できるために大幅に削減できます。電話会議サービスは
オプションとして、月額 1,000円で提供しています。1つの電話会議への参加者
は最大で5人となり、固定/携帯電話などの外線からの参加が可能です。

【アジルネットワークスについて】
IP/モバイルセントレックス(インターネット電話+IP-PBX機能)を中心とする
各種サービスをSaaS(ソフトウェア貸し出しサービス)として提供します。当社
のサービスは、「ロケーションフリー、プロバイダフリー、タイムフリー」とい
う大きな特徴を持ち、インターネットの特性を活かしたコミュニケーションを実
現しています。例えば、インターネットを利用できる環境であれば、いつでもど
こでもIP電話機(標準SIP端末)からワンナンバーで受発信することができ、特
定のプロバイダーに依存せずに通話ができます。また、簡単な操作で不在時(オ
フライン)や通話中などの状況に応じて転送や留守番電話などの設定ができます


社名:アジルネットワークス株式会社(英文名:Agile Networks, Inc.)
本社:〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町12-2 ハナワビル5F
URL:www.agile.ne.jp
代表取締役:篠田 亘司
資本金:206,044,900円
事業内容:IPセントレックス、モバイルセントレックスなどのSaaS、IPビジネス
フォンなどの関連機器の販売

【ヤマハについて】
社名:ヤマハ株式会社(英文名)YAMAHA CORPORATION
本社:〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1
URL:リンク
代表取締役:梅村 充
資本金:285億34百万円
事業内容:楽器事業(楽器・音楽普及事業)、AV・IT事業(オーディオ機器 情
報通信機器)、電子機器・電子金属事業(半導体 特殊合金)、リビング事業(
キッチン バス等住宅設備機器)、レクリェーション事業(リゾート施設の運営
)、その他事業(ゴルフ用品/自動車用内装部品/FA機器/金型・部品等)

【本リリースに関するお問い合わせ】
アジルネットワークス株式会社 マーケティング担当:吉田
TEL: 03-4590-6060 E-Mail: pr@agile.ne.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。