logo

最適なデフラグ方法の選択が、コンピューターの弱点を補強

性能を維持するためには、最適なデフラグ技術を用いたコンピューターの弱点への対処が重要

テクノロジー関連編集者各位

インド・ムンバイ発 -- (ビジネスワイヤ) -- 2008年4月25日 -- CPU、メモリー、マザーボード、ソフトウェア。コンピューターの構成要素はすべて、ユーザーが求めるもの、つまり「性能」の提供をめざして結集されています。鎖の強度が一番弱い環の強さで決まるのと同様に、コンピューターはその弱点を上回る性能を持つことはできません。コンピューターの性能における弱点とはハードドライブのことであり、デフラグによってこの弱点を補強することが可能です。ただし、正しいデフラグ技術を選ぶことが非常に重要です。


ディスクがもっとも低速な部品である理由は簡単です。他はすべて電子部品なので電流や電子の流れに応じた速度が出ますが、ハードドライブは機械部品です。ドライブには読み込み/書き込みヘッドがあります。このヘッドが物理ディスク上でファイルを移動し、データを磁気的に格納します。ハードドライブは、その物理的制約のせいで、電子部品のように高速には決してなり得ません。そのためメモリーとCPUは、ハードドライブがデータにアクセスする間、待つことを余儀なくされます。


性質上、ハードドライブに保存されたデータは、ディスクスペースを有効活用するために断片化されます。この断片化によって別の問題も生じます。断片化によって、多数の断片に分かれたファイルにアクセスするために複数のI/Oを使用するので、もともと遅いハードドライブの速度がさらに低下するのです。ファイル断片化に何らかの対策を講じていないと、ファイルが数百・数千にまで分割され、断片化されて、処理速度が著しく低下します。


この問題に対処するために、デフラグツールは10年以上前から使用されています。ここ数年は、デフラグ実行によるコンピューターの性能低下がユーザーに悪影響を与えないように、デフラグはコンピューターを使用しない時間帯にスケジュール実行されるようになりました。しかし、技術の進歩とともにファイルサイズやディスク容量が大幅に拡大したことにより、デフラグのスケジュール実行はもはや時代遅れになりました。そして再び、例の「弱点」がコンピューターの性能の足手まといとなる状況が生まれています。スケジュール実行の合間にも断片化は進行していますし、非常に容量の大きなドライブでは断片化への対処はまったく行われていません。


非常に使用頻度の高い現代のコンピューター利用環境において、理想的なソリューションは唯一の完全自動デフラグツールであるDiskeeper(R)です。アイドル状態のリソースが使える時にバックグラウンドでデフラグを行い、ディスク性能を常に最高の状態に保ちます。性能への悪影響をユーザーに感じさせることもありません。そして最も重要なのは、コンピューターの弱点部品の速度とパワーを本来の限界まで高められるということです。


本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


CONTACT: Boyers Marketing
Bruce Boyers, 818-637-2625
beboyers@earthlink.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事