logo

ギフト探し専門Q&Aコミュニティ「ギフトエフスキー」にて 「リコメンデーションアド」サービスを開始

株式会社ウイングスタイル 2008年04月22日 17時00分
From DreamNews

 株式会社ウイングスタイル(本社:東京都江東区、代表:羽石雄高)が運営する、ギフト・プレゼント探し専門Q&Aコミュニティ「ギフトエフスキー」において、ネットショップがユーザーからの相談に対してギフト提案を投稿することで、自サイトへの集客を効果的に実現する「リコメンデーションアド」サービスを開始しました。
リンク
ギフトエフスキー:リンク

■「リコメンデーションアド」開始の意図
?繁盛するネットショップを運営するには集客が大事なのはいうまでもなく、効率的な集客を実現するために、さまざまなサービスが開発されてきました。
現状、ネットショップの集客に取り立てて大きな影響力をもっているのは、大手ショッピングモールや価格比較サイト、リスティング広告などです。
しかしながら、モールや価格比較サイトでは、簡単に同一商品を検索・リスト化できるため、価格訴求以外に自ショップをアピールすることが難しくなってきており、一方でリスティング広告は競争の激化による、クリック単価の高騰や、膨大なスモールキーワードを踏まえた広告表示の管理などに資金も時間も費やさざるを得ないという状況になってきております。

?今回開始する「リコメンデーションアド」は、そういった現状を鑑み、価格訴求だけに拠らないショップの個性をアピールでき、素敵な商品と出会いたい消費者をマッチングさせ、且つ安価にそれらを実現できることを主眼に開発したサービスです。

■「リコメンデーションアド」とは
「リコメンデーションアド」は、Q&Aサイトならではの特徴を活かした広告サービスで、ギフトやプレゼント探しに悩んでいるユーザーの相談にネットショップが提案した内容が広告として機能するという仕組みをとっております。
ネットショップからの提案内容は、ユーザーからの相談に紐付けられ、誰もが閲覧できるようになります(閲覧には登録不要)。表示された内容に対し興味をもったユーザーは、提案内にある「ショップへGO」ボタンをクリックすることで、その提案を行った商品を扱っているネットショップのサイトを訪問することができます。

相談に対する提案という対話型のコンテンツとなっているため、サイトを訪問することへの抵抗感が薄くなること、また購入意欲の高い利用者が多いと予測されることから、表示回数に対する商品サイトへの誘導率は、サイト公開(2008年3月3日)後から現在までの集計によると、平均して5%と従来の広告手法に比べ非常に高い遷移率を実現しています。 提案内容は、各ショップごとに用意されるマイページにてまとめられ、誰でも閲覧可能です。提案内容による、ショップの個性をアピールする場としても活用できます。

■利用方法
?「リコメンデーションアド」の利用を開始するには、ギフトエフスキーのショップ登録」を行い、その後審査を経て、承認がおりた後に、相談への提案が可能となります。
?ユーザーからの相談に対して、提案キャッチコピー、提案内容詳細、提案商品画像、提案商品のURLを投稿すれば、その内容が、「リコメンデーションアド」として機能します。
提案された内容の表示回数やクリック数は管理画面で確認することができ、有効な提案をするための材料としていただくことができます。

■利用料金
?初期費用・登録料は無料です。 以降、ネットショップ様サイトへの遷移が行われた場合のみ、1クリック=10円 の料金が発生します。 料金のお支払いは銀行振り込みによる前払い方式となり、最低3000円からの受付とさせていただきます。 料金の残高は管理画面でリアルタイムに確認することが可能です。 残高が0になった場合には提案が表示されなくなります。

■お試しキャンペーン
今回この「リコメンデーションアド」サービスの開始にあたり、お試しキャンペーンとして、 ネットショップ様初回登録時に500回分のクリック(=5000円相当)をご提供いたします。

■今後の展開
?年度内に1000店舗の参加をまず第一の目標とし、営業活動を展開してまいります。 そのため、拡大に協力してくれる代理店の募集を同時に開始します。 また、対象ジャンルを拡張することで、他の市場においても「リコメンデーションアド」の手法を展開していく予定です。

株式会社ウイングスタイル
広報担当 羽石 雄高(はねいし ゆたか)
本件に関するお問合せ先:haneishi@wingstyle.co.jp
担当者連絡先電話番号:090-4967-2397
会社電話番号:03-5772-8547

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事