お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アフィリエイト・ネットワークのリンクシェア、良質アフィリエイトブログ記事の集積サイト「リンクシェア・チャンネル」を開設

アフィリエイト・ネットワークを運営するリンクシェア・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:花崎 茂晴)は、体験に基づいた商品レビューなど、アフィリエイトサイトの良質なコンテンツを集積する情報発信サイト「リンクシェア・チャンネル」を、本日から開始します。

現在の個人アフィリエイトの課題として、良質なコメントや、レコメンデーションを自身のブログに書いても、その個人のブログへアクセス自体が少ないため、実績が上がらないという点が挙げられます。また、広告主(ECサイト)は自社のブランドや商品に対する消費者の声、評価を積極的に活用していきたいというニーズがある一方で、自社サイトでの運営では客観性が損なわれるため、それができません。この二つの課題を解決することをねらいとして、両者を仲介するリンクシェアが、個人ブログのコンテンツを本サイト上で集積し、掲載するサービスを開始いたします。
 
掲載にあたっては、本サイトに参加するアフィリエイターが自身のブログ上で作成した広告主の商品やサービスの感想やレビューを、リンクシェア・ジャパンが審査した上で「リンクシェア・チャンネル」上にテーマ別に転載していきます。転載された記事は「ブランドチャンネル」「モノチャンネル」「テーマチャンネル」の3つのチャンネルで掲載され、読者が興味のある観点・切り口から読みたい記事を簡単に見つけることができるようになっています。

記事には書き手のアフィリエイトリンクが貼り付けられるほか、元のブログサイトへのリンクも認められるため、「リンクシェア・チャンネル」に掲載されることで、ユーザーからの個人ブログへの閲覧が増え、また本サイトからアフィリエイトのリンク経由で直接購買が発生した場合にも、書き手のアフィリエイターへの実績となり報酬が支払われます。また、掲載された記事には、ユーザーが評価のポイントをつけることで、ユーザーの利便性を高めます。

本サイトの運営により、良質なブログ記事の露出が増えることで、年間の個人ブログサイト経由での流通額が1年後には10パーセント程度増加することを見込んでいます。


■リンクシェア・ジャパン
URL:リンク
三井物産株式会社と米国のアフィリエイトサービスの大手 LinkShare Corporation(本社:米国ニューヨーク)の2社が同額出資して2005年1月1日より営業開始。アフィリエイトサービスとしての「リンクシェア」は、三井物産が米国LinkShare Corporationから日本における独占販売権を得て、2001年4月に三井物産の社内ベンチャープロジェクトとしてスタート。デル、アップルコンピュータ、ジャパネットたかた、日比谷花壇、ベルメゾン(千趣会)等日本の大手ECサイトが参加していること、また、1円からアフィリエイト報酬を支払うことを特徴としている。参加ECサイト270社、参加アフィリエイトサイト数は法人、個人合わせて26万5千(2008年3月末現在)。携帯アフィリエイトサービスは、2004年4月から開始。

■報道関係者お問合せ先
リンクシェア・ジャパン広報代理
エンカツ社 宇於崎(うおざき) TEL.03-5776-2566 メール:press@enkatsu.jp
携帯:090-5308-8849(石川)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。