logo

アドウェイズ、モバセンス株式会社と提携し モバイルコンテンツ連動広告を開始

株式会社アドウェイズ(東証マザーズ2489、東京都新宿区・代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、モバセンス株式会社(京都市上京区・代表取締役:誉田太朗、以下モバセンス)と提携し、コンテンツ連動型モバイルアフィリエイト広告の配信を開始いたします。

MovaSense Affiliate(以下、モバセンス・アフィリエイト)は、広告を掲載するサイトの文章を言語解析することでそのサイトを構成するメインキーワードを抽出し、そのキーワードと関連性のある広告を掲載します。掲載する広告は、アドウェイズのモバイルアフィリエイトSmart-C(リンク) の約1200の広告より選び出します。

これにより掲載する広告を選ぶ手間を省けるだけでなく、コンテンツと広告のマッチングを行うことで、広告主様により高い広告効果を、媒体様には広告収益の増加を提供することが可能となりました。また、広告主様にも媒体様にも導入費用は一切かかりません。

同システムはモバセンスの運営するモバイル向けミニブログ「Chewlip(チューリップ, リンク)」において、ミニブログの書き込みに関連のある広告を掲載するために開発したものです。これまでのコンテンツ連動広告のシステムに比べ、解析対象とする文章やキーワードを柔軟に指定できるAPIと、機能的な制約のあるモバイルにおいて実現したことが特徴です。今回、SNSなどのコミュニティサイトにおいて同様のニーズがあることから、同システムを他社に提供することとなりました。

サービス名:MovaSense Affiliate
アドウェイズは広告主・媒体向け営業及びアフィリエイト広告の提供を行い、モバセンスはコンテンツ連動のシステム開発をすすめます。

□■□株式会社アドウェイズについて リンク
2001年設立。Web媒体向けアフィリエイトプログラム「JANet」の運営をはじめ、国内最大級の広告主を有するモバイルのアフィリエイトプログラム、「Smart-C」の運営、メディアの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。子会社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。2006年に東証マザーズ上場。
□■□モバセンス株式会社について リンク
2004年設立。携帯メールのミニブログChewlip(リンク)の運営。2008年4月1日にモバセンス株式会社へと社名を変更した。言語処理とデータ解析技術を基盤にモバイルへ特化した広告配信事業を展開。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。