logo

SPSS、「SPSS Data Mining Day 2008」を6月に開催

データマイニング活用の新たなフェーズ入りに備え新しい分析手法、用途分野での取り組み、事例を紹介

エス・ピー・エス・エス株式会社 2008年04月17日 12時15分

 Predictive Analyticsを提唱するエス・ピー・エス・エス株式会社(以下 SPSS Japan)は、データマイニングにフォーカスしたイベント「SPSS Data Mining Day 2008」を6月17日(火)にセルリアンタワー東急ホテル(東京都渋谷区)で開催することになりましたので、お知らせします。
 SPSS Data Mining Dayは今年10回目の開催となります。これまで、SPSS Data Mining Dayでは、企業内に蓄積されたデータ資産を有効に活用する手法、ROIによる成果提示など、データマイニングの有用性を訴えてきました。データマイニングは現在、データから将来起こりうることを予測しビジネスアクションを起こす、企業の競合優位としての「予測分析‐Predictive Analytics」として、広く企業活動に関与し、活用が拡がっています。
 「SPSS Data Mining Day」では、米国Nucleus Research社より「最も高いROIを示したソリューションの一つ」と評価されたSPSSの予測分析ソリューション、国内外の成功事例や業界動向などを紹介することで、より多くの来場者がデータマイニングによる「解」を見つけ出せる一日にします。
 入場は無料(事前登録制)、当日は約1,200人の来場を見込んでいます。

 「SPSS Data Mining Day 2008」は、午前中に行なわれるゼネラルセッションと午後に行なわれる2トラック8セッションの講演、パートナー企業各社による展示ブースなどで構成されます。ゼネラルセッションは、同志社大学 特別客員教授の田村 正紀 氏、株式会社i.JTB 代表取締役社長兼CIOの北上 真一 氏の両氏がそれぞれ「次世代流通イノベーションの条件」、「WEBマーケティングにおけるデータマイニングの重要性と可能性」をテーマに基調講演を行う他、SPSS Japanセールスエンジニアリング部部長の鈴木 貴志が「予測分析による新たなCRMソリューション」をテーマに掲げて講演します。
 また午後は、ユーザー事例や最新技術動向、入門など、2トラック8セッションの講演を予定しています。

 なお、「SPSS Data Mining Day 2008」の開催概要およびプログラムは次の通りです。
以 上

「SPSS Data Mining Day 2008」の開催概要
[ 日  時 ] 2008年6月17日(火)10:00から (9:30受付開始)
[ 会  場 ]  セルリアンタワー東急ホテル B2F セルリアンタワー ボールルーム
[ 参 加 費 ] 無料(事前登録制)
[お申込方法] リンク より受付
[お申込締切] 6月12日(木)
[ 主  催 ] エス・ピー・エス・エス株式会社
[ 協  賛 ]  茨城日立情報サービス株式会社、株式会社インテージ、日本テラデータ株式会社、
日本ネティーザ株式会社、マイクロストラテジー・ジャパン株式会社(社名五十音順)
[お問合わせ] SPSS Data Mining Day 2008 事務局
TEL:03-6730-3214 (受付時間 9:30-17:30 /土日祝日を除く)
FAX:03-6730-3230
Email:jpdmd@spss.com

■セミナープログラム(10:00-17:30)
[10:00-10:10]  ご挨拶
エス・ピー・エス・エス株式会社
[10:10-11:00] 基調講演Ⅰ
次世代流通イノベーションの条件
同志社大学 商学部 特別客員教授 神戸大学 名誉教授 商学博士
田村 正紀 氏
[11:00-11:30] SPSSソリューション
予測分析による新たなCRMソリューション
エス・ピー・エス・エス株式会社 セールスエンジニアリング部 部長 鈴木 貴志
[11:30-12:20] 基調講演Ⅱ
WEBマーケティングにおけるデータマイニングの重要性と可能性
株式会社i.JTB 代表取締役社長 兼 CIO 北上 真一 氏

●トラックA
[13:30-14:20] 
データマイニングを利用した顧客データの分析と活用 
早稲田大学 守口 剛 氏
[14:30-15:20] 
シンプルなことから始めよう!マーケティングリサーチ、コンタクトセンターログ、blogを用いて、経営に役立てるコツ    
株式会社かんでんCSフォーラム 久住 裕司 氏
[15:40-16:30] 
新しいデータベースマーケティング~EBMの現状と今後の展望~
株式会社浜銀総合研究所 影井 智宏 氏
[16:40-17:30] 
カスタマーインサイトを捉えるマーケティング・コミュニケーション~『P-P-Cサイクル・ソリューション2.0』で実現する顧客本位のコミュニケーション施策~
株式会社ベルシステム24 西脇 紀男 氏

●トラックB
[13:30-14:20] 
統合BIプラットフォーム「MicroStrategy 8」とSPSSによるPredictive Analyticsの実践的活用         
マイクロストラテジー・ジャパン株式会社 棟方 一成 氏
エス・ピー・エス・エス株式会社 佐藤 英治
[14:30-15:20] 
Scientific Management(科学的経営)を目指して
富士火災海上保険株式会社 中谷 謙一 氏
[15:40-16:30] 
業務に組み込むデータマイニング~データ資産活用事例~
エス・ピー・エス・エス株式会社 鶴井 政雄
[16:20-17:10] 
データマイニングを活用した製造品質改善事例~ものづくり力を向上させるデータマイニング~              
株式会社村田製作所 奥村 幸三 氏、下八重 修 氏

■展示会
 SPSSとパートナー企業各社によるブース展示

<SPSSについて>
 SPSS Inc. (Nasdaq: SPSS - News)は、Predictive Analyticsソフトウェアおよびソリューションを提供でマーケットをリードするグローバル企業。SPSSのPredictive Analyticsのテクノロジーは、組織が日々の意思決定に必要とする将来の予測を可能にすることで、ビジネスプロセスを改善します。日々の業務にPredictive Analyticsを取り込むことで、組織はPredictive Enterprise~ビジネス目標に向けて適切な方向付け、意思決定の自動化により、重要な競争優位を得る企業~になることができます。25万以上の団体(官公庁、公共機関、教育機関、企業)が、増収、コスト削減、不正防止/検知などにSPSSのテクノロジーを活用しています。1968年設立、本社は米国イリノイ州シカゴ。 詳しくはWebサイトをご覧ください。
SPSS Inc.: www.spss.com / SPSS Japan: www.spss.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。