logo

コマンドラインユーティリティソフト 「クオリードコマンド」の販売開始

ファイル転送およびリモートジョブがコマンドラインで実行できる
ユーティリティツールです。

FTPやWindowsのファイル共有を利用せず、オープンソースを利用した
独自の通信フレームワークを活用し、サーバへのファイルの転送および
リモートジョブがコマンドラインで実行できるユーティリティツールです。

サーバモジュールとそれに対応するクライアントモジュールから構成
されます。
ユーザー情報とサーバ上のリモートプログラムの登録をサーバ側で行う
だけで、クライアントモジュールから操作することが可能となります。

通信はSSL暗号化されており、インターネット上での利用も安全に行う
ことができます。
また、リモートジョブ実行は同期・非同期に実行することができます。


【主な特長】
 ・FTPやフォルダ共有を利用しない独自仕様
 ・コマンド形式
 ・ユーザー管理
 ・ファイル転送(アップロード/ダウンロード)
 ・通信暗号化
 ・サブディレクトリを含めてのファイル転送
 ・サーバ上のジョブ(プログラム)をリモート実行
 ・同期/非同期でのリモートジョブ実行


※ホームページより評価版のダウンロードが行えます。
評価版は機能制限はありませんが、有効期限が1ヶ月となっております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。