logo

TBSが全系列局のHD SNGシステムの映像符号化をAVC/H.264に決定

NTTエレクトロニクスのAVC/H.264製品を採用

-DVB-S2とAVC/H.264によるSNGの完全HD化を強力にバックアップ-
NTTエレクトロニクス株式会社(以下NTTエレクトロニクス、社長:戸島 知之、本社:東京都渋谷区)は世界各国において数多くの高品質な放送用コーデック装置を提供しているが、このたび、国内最大手の放送局の1つである株式会社東京放送(以下TBS、本社:東京都港区)と系列局(JNN)が、HD/SD両対応AVC/H.264 エンコーダ「HVE9100」とデコーダ「HVD9100」の採用を決定しました。

TBSは08年3月に、DVB-S2とAVC/H.264を組み合わせたHD SNGシステムを採用することを業界で先駆けて決定し、同年12月から運用をスタートさせます。同社は2009年9月までに全系列局(JNN系列)のSNGシステムの完全HD化を目指しています。NTTエレクトロニクスの「HVE9100/HVD9100」は、全系列28局へ採用され、HD AVC/H.264による高画質、高効率な素材伝送、局間伝送を可能にします。

今回コーデックの選定を担当した技術本部技術局放送システムセンター技術開発担当部長の柴田 豊氏は次のようにコメントしております。“TBSにおけるHD SNGに向けた取り組みは、社内の検討組織である「デジタル伝送勉強会」で幾度となく議論されてきた。機器の選定に関しては、数社のコーデック装置を比較検討し、総合的に判断した結果、NTTエレクトロニクスの「HVE9100/HVD9100」に決定した。200msec程度という低遅延化を実現できていた点も、従来のMPEG-2コーデックと変わらぬ運用を可能にするという意味で大きな採用ポイントとなった。今後は更なる画像の向上に期待している。”

NTTエレクトロニクスの笠原 久嗣事業部長は次のようにコメントしております。“今回TBS様に採用されたHD/SD両対応AVC/H.264 エンコーダ「HVE9100」とデコーダ「HVD9100」は、ハイ4:2:2プロファイルに対応した新開発LSIを搭載し、AVC/H.264圧縮においてMPEG-2と同程度の低遅延化(200msec程度)を実現しております。TBS様でご利用されるSNG環境下においては、多岐に渡る運用が予定されております。低レートから高レートと、ワイドレンジなビットレートに対応し、あらゆる用途で高画質・高効率な画像圧縮を可能にする「HVE9100/HVD9100」は、まさにベストマッチな製品です。MPEG-2 LSI開発当初より発足された画質向上チームによって、現在も継続した画質向上および低レートにおける高画質化に取り組んでいます。”

HD/SD両対応AVC/H.264 エンコーダ「HVE9100」/デコーダ「HVD9100」は、HD(1080p、1080i、720p)およびSD(480i、576i)の両方に対応し、音声は最大2系統、合計8chのエンコード/デコードが可能です。また、AVC/H.264に加えMPEG-2にも対応している為、圧縮方式が混在する運用過渡期でも、高い柔軟性を発揮します。同製品は2008年1月の発売以来、世界各国のお客様から多くの関心と期待が寄せられており、今年8月に開催される北京オリンピックのHD中継用AVC/H.264コーデックとして、多数の放送局で利用される予定です。今後も当社の価値あるソリューションにご期待下さい。

尚、4月14日~17日に開催されるNAB2008展示会(Las Vegas Convention Center)に出展する予定です。

NTTエレクトロニクス株式会社:
NTTエレクトロニクスは、画像圧縮技術のインダストリリーダーです。
特に、HD対応ソリューションでは、日本を始めとして世界の市場で高く評価されております。当社の優れた技術で、最高品質の画質での放送素材伝送、編集、配信を可能にします。
NTTエレクトロニクスに関する詳細は、リンクをご覧下さい。

本件に関するお問い合わせ先:
NTTエレクトロニクス株式会社
マルチメディア事業部
E-mail :mms@yoko.nel.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

NTTエレクトロニクス株式会社

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。