お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

従業員の生産性:断片化をその要因としないために

ビジネス関連編集者/テクノロジー関連編集者各位

カリフォルニア州バーバンク--(ビジネスワイヤ)--従業員の生産性を維持するのは難しいものです。パーティションでのおしゃべり、上司の目を盗んだ友人への携帯メールやメッセンジャー送信、プライベートなEメールの使用、ネットサーフィンなど。特に避けたいのは、コンピュータシステムのハードドライブ障害のために生産性が低下することです。容易に回避できる障害の場合はなおさらです。

ハードドライブの障害は、企業全体の業務をストップさせかねません。上司は、部下の様子を見に行きます。そして部下が椅子に座り何もせずにただ画面を見つめていることに気づき、驚きます。そして突然、営業活動が停止します。顧客データが使用できなくなってしまったからです。会計システムからは支払請求書が生成されなくなります。発注がないので、出荷が途絶えます。このような状況になれば、企業の負担は甚大です。

ハードドライブ障害にはいくつもの要因がありますが、主な原因は断片化による磨耗です。ファイルが数十や数百、さらに数千もの断片に分割されると、そのファイルへアクセスするのに相当な回数のI/Oリクエストが発生します。パフォーマンスが著しく低下するだけでなく、ディスクのヘッドが酷使されることでハードドライブの寿命が短くなり、技術的な予想寿命よりもかなり早く故障してしまいます。

ファイルサイズが巨大化し、ディスク容量も大幅に拡大している現在のコンピューティング環境では、以前よりもはるかに早く断片化が進行します。このような状況でハードドライブの寿命を維持して長持ちさせるためには、デフラグソリューションをインストールする必要があります。デフラグによって、ディスクに散らばった断片が連続したファイルブロックに復元され、連続した空きスペースも復活します。

多くの企業が定期的なデフラグの必要性を認識しており、ネットワーク全体に自動デフラグソリューションを導入し始めています。ディスクキーパー社( www.diskeeper.com )のDiskeeper 2008は、コンピューターにアイドル状態のリソースがある時にデフラグを行う、完全自動のソリューションを提供します。Diskeeper 2008では、対象のドライブとその断片化の程度に合わせて、適切なデフラグ方式が選択されます。完全自動なので、スケジューリングも不要です。これで、満杯のITタスクリストから、時間のかかる雑用をまた1つ排除できます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。