logo

ネットリサーチDIMSDRIVE、「従業員理解と満足度」に関する調査結果を発表

●充実した仕事・職場生活に重要なものは? 「やりがい」、「適正な給与」、「適正な評価」
●43.4%が、「会社の上層部は従業員を理解する努力をしていない」


4月。ベテランのビジネスマンも新入社員を迎え、
誰もがフレッシュな気持ちになる時期ではないでしょうか。

インターワイヤード株式会社運営のネットリサーチサービス「ディムスドライブ」(本社:東京都品川区)は、
『従業員理解と満足度』に関する調査を2008年3月7日~3月10日にかけて行い、結果をまとめました。
登録モニターのビジネスパーソン男女3,633人から回答を得ています。


調査結果の詳細 リンク


-------------------------------------------------------------
■仕事・職場生活が「充実している」人は半数。部長クラスは69.2%、一般社員は46.2%・・・役職で差■

“仕事や職場生活についての充実度”を尋ねたところ、「とても充実している」は6.0%、「まあまあ充実している」は44.4%と、『充実している』と回答した人は半数の50.4%であった。
一方、「あまり充実していない」は17.4%、「全く充実していない」は6.8%と、『充実していない』人は4人に1人(24.2%)となっている。


-------------------------------------------------------------
■充実した仕事・職場生活に重要なものは? 「やりがい」、「適正な給与」、「適正な評価」■

また、“充実した仕事・充実した職場生活に重要だと思うもの”については、
「やりがいのある仕事」61.3%、「適正な給与」53.5%、「きちんと評価されている」47.9%、「適度に忙しい」42.3%、「上司・部下とのコミュニケーションが円滑」・「同僚とのコミュニケーションが円滑」が38.2%と続いた。

年代別に見ると、若い年代ほど『上司との関係』や『個人の充実・成長』を重視し、
年代が上がるほど『企業の中でどのような役割を果たしているか』を重視している事が伺える。


-------------------------------------------------------------
■会社に「満足」している人は3割・・・従業員数が多い企業ほど満足度は高い傾向■

経営者・役員以外の人に、福利厚生や給与・評価制度などを総合的に見た“会社に対する満足度”を尋ねたところ、
「満足している」3.6%、「まあ満足している」27.9%と、『満足である』と回答した人は31.5%と3割だった。
一方、「あまり満足していない」は25.0%、「全く満足していない」は15.0%と、
『満足でない』と回答した人は40.0%と、『満足である』人よりも1割ほど多くなっている。

従業員数が多いほど『満足である』人の割合が高くなる傾向にあり、3,001人以上の企業で働く人では『満足である』と回答した人が4割を超えた。
一方、500人以下の企業で働く人では3割に満たない。


-------------------------------------------------------------
■43.4%が、「会社の上層部は従業員を理解する努力をしていない」■

また、“会社の上層部は、従業員を理解しようと努力をしていると思いますか”の問いについては、「非常に努力をしていると思う」4.1%、「まあまあ努力をしていると思う」24.0%で、『ある程度以上』と回答した割合は28.1%。
一方、「あまり努力をしていないと思う」28.6%、「全く努力をしていないと思う」14.8%と、『努力をしていない』という人は43.4%で、
4割以上が“会社の上層部に理解してもらえていない”と感じている事が分かった。

この問いに対し、『努力している』と回答した人ほど会社への満足度も高くなっており、
「非常に努力をしている」と回答した人では71.3%が『満足である』と回答している。

-------------------------------------------------------------
■現場と上層部では認識に隔たり・・・45.9%が「上層部に自分の意見を知ってもらいたい」■
さらに、“自分の意見や不満を、会社の上層部に知ってもらいたいか”と尋ねた結果、
45.9%の人が「知ってもらいたい」と回答した。
「知られなくてよい(知ってもらう必要が無い)」は28.2%、「知られたくない」は5.4%で、『望んでいない人』は33.6%となり、「知ってもらいたい」と考えている人の方が多いことが分かった。

その理由については・・・
【知ってもらいたい】人では、
「聞いてほしい」、「現場を知らなさ過ぎる」・「現場と上層部の認識に隔たりがある」、「より良い会社になってほしい」という意見が特に多く、

【知られなくてよい】・【知られたくない】と回答した人では、
「どうせ改善されない・結局変わらない」と、あきらめている人が多いようだ。


-------------------------------------------------------------

■調査概要
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2008年3月7日(金)~3月10日(月)
有効回答数 : DIMSDRIVE登録モニターのビジネスパーソン男女 3,633人
回収方法 : メールにてアンケートを依頼(配信数:49969)


●ネットリサーチのDIMSDRIVE
インターワイヤード株式会社が運営する『DIMSDRIVE』は、全国に18万人のモニターを擁し、
インターネットリサーチを通じて調査企画・設計から分析・提案までを提供する、
マーケティングのトータルソリューションサービスです。
広告効果測定や新製品需要調査など、目的に応じた調査でお客様の戦略立案をサポートしています。

DIMSDRIVEホームページリンク


●インターワイヤード株式会社
<所在地>東京都品川区東品川2-2-25 サンウッド品川天王洲タワー304
<TEL>03-5463-8255
<ホームページ> リンク
<代表者>斉藤 義弘
<事業内容>ネットマーケティングリサーチサービス「DIMSDRIVE」運営


-------------------------------------
■調査結果に関するお問い合わせ先■
DIMSDRIVE(ディムスドライブ)事務局
担当 : 三浦
TEL : 03-5463-8256(DIMSDRIVE事務局)
Email : timely@dims.ne.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。