お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Cisco、Nuova Systemsの残りの株式を取得する意向を表明

Cisco(NASDAQ: CSCO) は本日、サンノゼに本社を置く、データセンター市場向けの次世代製品を中心とする新進企業、Nuova Systemsの残りの20%の株式を取得する意向を発表しました。

Ciscoはまた本日、Nuova社により開発された初の製品として「Cisco Nexus 5000」シリーズも発表しました。このCisco Nexus 5000は複数のデータセンター用ネットワーキング・プロトコルとソフトウェア・インテリジェンスに対応し、それによりユニファイド・ファブリック機能を提供する10 Gigabit Ethernetの「トップオブラック」型スイッチです。(別途リリースをご覧ください)

CiscoはこれまでにNuova社に対して7,000万ドルを投資すると共に80%の株式を取得し、同社はCiscoが過半数の株式を保有する子会社として運営されてきました。Ciscoは2006年8月にNuova社に対する最初の投資を発表し、また2007年4月には契約への修正を発表し、開発の対象範囲拡大、資金提供のコミットメント増額、および支出額上限の6億7,800万ドルまでの引き上げを行いました。

このNuova社の買収は成功ベースとなっており、総額は3期の計測期間における同社製品の売上を主として決定されます。第1期目の計測期間は2010会計年度の初期、第2期目は2010会計年度の後期、および第3期目は2011会計年度半ばに開始されます。

Ciscoの投資とNuova社が子会社であることにより、両社は技術の共有、製品の進化、および市場による革新的なデータセンター技術の受け入れを通じてCisco Nexus 5000の開発に積極的に協力することができました。この結果としてCisco Nexus 5000は最近発表されたCisco Nexus 7000シリーズのスイッチと共通の製品アーキテクチャ、オペレーティング システム、およびその他のソフトウェア・インテリジェンスを持ち、両方の製品の間には完全な相互運用性が実現されています。

Cisco Nexus 7000は、最大1秒あたり15テラビットにまで拡張可能な業界をリードする性能を持つ、10 Gigabit Ethernetネットワーク向けに設計されたデータセンター・クラスのモジュール構造を持つスイッチング・システムとして社内で開発されました。

CiscoのCorporate Development and Consumer and Small Business Group担当バイスプレジデント、ネッド・フーパー(Ned Hooper)は次のように述べています。

「今日の市場において成功を収め、ビジネス戦略の遂行を通じて鍵となる市場の動向を捉えるため、Ciscoは社内R&D、業界における提携、および企業開発活動を組み合わせて推進しています。データセンターに関する当社のビジョンを支えるための活動は、さまざまな意味においてこの『Build, Buy, Partner』イノベーションの実際の活動の好例です。」

Nuova社はエド・バグニオン(Ed Bugnion)、ルカ・カフィエロ(Luca Cafiero)、プレム・ジェイン(Prem Jain)、ソニ・ジャンダニ(Soni Jiandani)、トム・リオン(Tom Lyon)、およびマリオ・マゾーラ(Mario Mazzola)により設立されました。バグニオンはVMware社の元共同創立者であり、リオンはIpsilion Networks社を設立しました。カフィエロ、ジェイン、ジャンダニ、およびマゾーラはすべてCiscoの元エグゼクティブです。6名の創立者とサンノゼおよびオレゴン州ビーバートンの約200名の従業員はCiscoに加わり、データセンター関連のプロジェクトに引き続き携わります。

Nuova社はカフィエロ、ジェイン、およびマゾーラが率いる独立した事業部門として運営され、この3名はすべてCiscoのジョン・チェンバース(John Chambers)CEO兼会長に直属します。

また開発に関するCiscoの優先順位との整合性をとるため、ジェインはトニー・ベイツ(Tony Bates)、マーチン・デビアー(Marthin DeBeer)、キャシー・ヒル(Kathy Hill)、ネッド・フーパー(Ned Hooper)、パンカジ・パテル(Pankaj Patel)、ドン・プロクター(Don Proctor)、マニー・リヴェロ(Manny Rivelo)、およびジェイシュリー・ウラル(Jayshree Ullal)から構成されるCiscoのDevelopment Organizationの9番目のメンバーとして任命されました。

Nuova Systemsの社長兼CEOであるマゾーラは次のように述べています。

「Ciscoが何十年にもわたって構築してきたスイッチングのイノベーションとノウハウは、Data Center 3.0によって定義された次世代のネットワーク中心的なデータセンターというビジョンの推進役となる準備を整えています。Nuovaチームはデータセンターの統合と仮想化を可能にし、またお客様による従来のデータセンターへの投資を保護する製品と技術を通じ、このビジョンの実現に大きな貢献をなすものと期待しています。」

この買収はCiscoの2008会計年度第4四半期に締結を予定しています。これはCiscoにとっては126番目、2008会計年度としては5番目となる買収です。

詳細について

本日の発表に関する詳細と資料については リンク のプレスキットをご覧ください。

本日発表されたCisco Nexus 5000シリーズの詳細と資料については リンク をご覧ください。


概要: シスコシステムズ

シスコは、人々の連絡、コミュニケーション、共同作業を変革するネットワークの形成に貢献する世界大手です。シスコの会社概要はウェブサイト( リンク )でご覧ください。最新情報はウェブサイト( リンク )でご覧ください。

シスコは営業活動、文化、製品、および顧客のためのソリューションにおける高いレベルの環境責任を担っています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

Ciscoおよびその社名ロゴ、Cisco Systemsおよびその社名ロゴは、米国およびその他特定の国々におけるシスコシステムズ(Cisco Systems, Inc.)ならびにその関連企業の登録商標および(または)商標です。この文書に掲載されているそれ以外の商標の所有権はそれぞれの所有者に帰属します。この文書中に「パートナー」(partner)という用語が使用されている場合、それはシスコと他社の業務提携関係を意味するものではありません。この文書はシスコの公開情報です。
RSSフィードまたは全シスコ関連ニュースの直接配信を希望される方は、以下のリンクから"News@Cisco"をご覧ください。 リンク



お問合せ先:

Press:
John Noh
+1-408-853-8445
jnoh@cisco.com

Investor Relations:
Matt Tractenberg
+1-408-525-3170
matthew2@cisco.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。