logo

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」と日本最大規模の「中国情報局」が連携 “北京五輪”で盛り上がりを見せる中国情報をQ&Aでもっと深く知る! Q&Aサイト『教えて!サーチナ』開設 【URL】 http://oshiete.searchina.ne.jp

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任)は、日本最大規模の中国情報ポータルサイト「中国情報局」を運営する株式会社サーチナ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:端木正和)との連携によるQ&Aサイト『教えて!サーチナ』を2008年4月7日に開設いたしました。

『教えて!サーチナ』はサーチナが運営する日本最大規模の中国情報ポータルサイト「中国情報局」と、当社のQ&Aサイト「OKWave」とのQ&Aパートナーサイトです。Web検索だけでは解決できない中国に関する疑問や情報をサイト利用者同士が教え合い、回答が得られる場となります。また、『教えて!サーチナ』の利用者から投稿された質問は、「中国情報局」サイト利用者同士のみならず、「OKWave」および他のパートナーサイトからも閲覧可能なため、すでに108万人以上が登録する「OKWave」および50社以上のパートナーサイト利用会員からのすばやい回答も期待できます。更に、「OKWave」に蓄積された1,500万件以上のQ&Aコンテンツも『教えて!サーチナ』上から閲覧できるため、過去の有益なQ&Aを問題解決に活用できます。

■膨大な中国情報とQ&Aサイトの融合性
中国情報ポータルサイト「中国情報局」では、中国の経済・社会・政治・エンターテインメント・ITニュースはもちろん、中国関連のウィキペディアや総合ニュースランキング、現地モニター29万人を活用したアンケート調査結果など、様々な角度からリアルタイムな中国情報を得ることができます。本年夏に開催される北京五輪を目前に中国への関心が高まる中、中国に関する疑問や知りたい情報をユーザ同士のQ&A形式のコンテンツで集積することで、更に中国への関心度を高めます。


■Q&Aサイト導入目的と活用展望
サーチナはQ&Aサイト『教えて!サーチナ』を導入することで、ユーザがどのような中国事情に関心をもっているかを知ることが出来、さらに有益な中国情報の紹介や、広告媒体としてのサイトの価値を高めます。
また、Q&Aサイト『教えて!サーチナ』から訪れるサイト利用者の囲い込みにより、中国に関心のあるサイト利用者を集客し、日本と中国の親睦を深める場となるサイトの活性化を図ります。


■「中国情報局」について リンク
日本最大規模の中国情報ポータルサイト(月間4,200万PV ※2008年4月1日現在)。経済・社会・政治・芸能など多岐に渡る中国関連情報をリアルタイムで配信しています。

■「OKWave」について リンク
当社は、8年間にわたるQ&Aサイトの運営実績から、Q&A形式の有用なクチコミCGMの生成を促進するノウハウを確立し
ました。これにより、NTTレゾナント(教えて!goo)、マイクロソフト(MSN相談箱)、楽天インフォシーク(みんなで解決Q&A)等のポータルサイトや、トレンドマイクロ等のサポート部門、小学館(おしえてDAKKO)等の出版社サイトなど、50サイト以上のパートナーサイト網を構築。サイト活性化、ユーザサポート等に「OKWave」のQ&Aインフラが活用されています。今後も、様々な知識・経験を持ったユーザ達がQ&Aによって問題解決し、信頼と満足を生み出せる場を拡大していく考えです。

■株式会社サーチナについて リンク
中国情報の専門ポータルサイトとして日本最大規模の「中国情報局」を運営。中国の経済や金融、IT、社会、政治などのニュースのほか、エンターテイメントニュースや中国現地写真を多数掲載。中国株情報ベンダーとしては日本最大手で、関連システムを日本の中国株取り扱い証券各社や、インターネットポータルサイトなどにASPとして提供。自社モニター(中国全土29万人超)に立脚したリサーチ・プロモーションなどの関連サービスも展開し、野村総合研究所(NRI)との共同調査による「中国市場でのブランド戦略」などの書籍を出版。2007年3月には中日新聞事業促進協会より「促進中日新聞交流突出貢献賞」を受賞、同年12月には上海万博運営委員会より海外企業唯一の「優秀組織奨」を受賞。

■株式会社オウケイウェイヴについて リンク
世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、1999年7月設立。米国で今日注目を集めるQ&Aサイトを2000年1月にいちはやく「OKWave」として開設。会員数108万人以上、月間訪問者1,000万人以上、月間PV2.8億を数え、大手ポータルサイトや企業の顧客サポート部門等、50社以上に導入しています。更に、その運営ノウハウを応用し、拡大を続けるサポート市場を中心に国内シェアトップ(矢野経済研究所調べ)のFAQ(よくある質問と回答)作成管理ツール「OKWave Quick-A」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを国内大手企業を中心に約200社に導入。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には日本のオンラインサービス事業会社としては初めて米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。今後は、Q&Aの課金市場創出、2010年の10言語、100ヶ国への事業展開を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事