logo

メディアキャスト、エリア限定ワンセグ放送の実証実験に技術供与

4月18日から24日間 開催される「姫路菓子博2008」にて 甲子園球場の約4倍の姫路城周辺エリアで実施

株式会社メディアキャスト(本社: 東京都渋谷区、代表取締役 杉本孝浩)は、来る4月18日から姫路市において開催される日本最大のお菓子の祭典「姫路菓子博2008」の会場にて実施されるエリア限定型のワンセグ放送の実用化に向けた実証実験に対し、ワンセグデータ放送技術やコンテンツ制作技術を提供致します。

この実証実験は、24日間の会期中、「姫路スイーツワン」の愛称で会場の模様などをエリア限定のワンセグ放送やインターネットを組み合わせたシステムを活用し発信するものです。 兵庫県及び姫路市をはじめ関係する企業・団体等で構成される「兵庫エリア限定ワンセグ放送実験協議会」が主体となり実施するもので、今後の地域の活性化やビジネス展開が期待されるエリア限定ワンセグ放送サービスの実用化に必要な技術、コンテンツ内容等のデータを得るとともに、普及に向けたサービス提供のあり方を検討することを目的としています。


今回メディアキャストは、同協議会のメンバーとして参画し、以下のような技術を提供しました。
(1)データ放送を含むワンセグ放送を実施するための放送帯域設計などの放送技術
(2)映像エンコード技術
(3)実験放送局内に設置される運用システム技術全般
(4)放送規格(ARIB規格)をベースとしたデータ放送BMLコンテンツ制作技術


会場の一角に開設される実験放送局にはメディアキャストが提供するシステムが設置され、菓子博おすすめスポット、イベント情報、お勧めスイーツ情報、お菓子レシピ紹介、会場周辺観光情報、協賛企業携帯サイトや菓子博公式サイトとの連動など、映像本線とデータ放送によりワンセグ放送を使って会場内に情報を提供します。


メディアキャストはNHKや民放各局など地上デジタルデータ放送分野で多くの実績を持ち、今まで培ったデータ放送技術をベースにワンセグ放送やケーブルテレビでのデータ放送普及に貢献してきました。


エリア限定ワンセグ放送では、国立西洋美術館や慶応大学などが行った実証実験に技術供与した実績がありますが、地方自治体をはじめ各種施設・団体が将来の活用に注目していることから、今後もさまざまな実証実験に積極的に参画し、データ放送普及に寄与していく予定です。

_____________________
■姫路菓子博2008会場での
 エリア限定ワンセグ放送の実証実験について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

詳細は、兵庫エリア限定ワンセグ放送実験協議会のプレスリリース(本日発表)をご覧ください。
リンク

◇期 間  2008年4月18日(金)~5月11日(日) 「姫路菓子博 2008」会期中 9:30~17:30
◇場 所 「姫路菓子博2008」会場(兵庫県姫路市本町68)


◇実施主体 兵庫エリア限定ワンセグ放送実験協議会
(株)NTTドコモ関西、株式会社サンテレビジョン、ソフトバンクモバイル(株)、第25回全国菓子大博覧会・兵庫 兵庫県実行委員会事務局、DXアンテナ株(株)、日本放送協会神戸放送局、(株)日立製作所・(株)日立システムアンドサービス、姫路ケーブルテレビ(株)、姫路市、兵庫県、(株)メディアキャスト


◇実験のねらい
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・広い公園エリア(甲子園球場の約4倍)での、電波伝搬状況の把握
・実験用映像・データの来場者アンケートによる評価
・望まれるコンテンツ内容や効率的な管理運営等の基礎データの取得
・エリア限定ワンセグ放送活用にあたっての課題分析


◇番組内容 (実験放送局の愛称:姫路スイーツワン)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1)会場・イベント等菓子博ガイド番組
(2)会場の模様など参加型番組
(3)データ放送

___________________
■株式会社メディアキャストについて 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
リンク
株式会社メディアキャスト(本社: 東京都渋谷区、設立:2003年)は、デジタルデータ放送分野に特化したソフトウェア開発・販売、受託開発を行う業界唯一のデータ放送専門会社です。BML(Broadcast Markup Language)技術を始め、コンテンツ制作技術、放送運用支援など、デジタルデータ放送に求められる専門分野で多くの経験と実績を有しており、特に、データ放送用に独自開発した高品質減色アルゴリズム「LACE」は、業界で高く評価されています。メディアキャストのデータ放送製品群は、番組企画支援ツール「MagicDraw」から、BMLオーサリングツール(固定受信用/ワンセグ受信用)「Foliageシリーズ」、画像編集ツール「SceneCreator DD」、受信機検証ツール「ShotMUX」、テンプレート型番組更新ツール「DDC-Cue」、 ケーブルテレビ自主データ放送システム「DataCaster suite」などがあり、NHK(日本放送協会)、民放各局、地方局、CATV局、ならびにコンテンツ制作会社などで多数採用されており、デジタルデータ放送業界のスタンダード製品として位置づけられています。

このプレスリリースの付帯情報

実証実験ワンセグ画面イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事