logo

SaaS型ログ管理サービス「Log Shelter(ログシェルター)」提供開始

ログ活用による段階的な内部統制強化を支援

株式会社JIEC(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古沼 政則、以下JIEC)は、内部統制対応に必要となる情報システムのログの収集、蓄積、分析機能を、データ量に応じて料金をお支払いいただく月額料金制のログ統合・証跡管理SaaS*1「Log Shelter(ログシェルター)」として、本日4月1日より提供開始しました。

株式会社サンリツ様(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三浦正英、以下サンリツ)には、4月1日の正式サービス提供開始を前に「Log Shelter」をご利用いただいています。梱包を主軸に、運輸、倉庫、国際物流とシステム化した物流のトータルソリューションを展開されているサンリツでは、いち早く内部統制の整備・運用を実施され、ログ管理においては、短期間での立ち上げが可能であること、導入にかける要員調達が不要であることなどの理由から「Log Shelter」 をご採用いただきました。

株式会社JIEC(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古沼 政則、以下JIEC)は、内部統制対応に必要となる情報システムのログの収集、蓄積、分析機能を、データ量に応じて料金をお支払いいただく月額料金制のログ統合・証跡管理SaaS*1「Log Shelter(ログシェルター)」として、本日4月1日より提供開始しました。

2008年4月より対応が必要となる日本版SOX法(金融商品取引法)や情報漏えい、セキュリティなどの企業への内部統制要求が高まる中、ログの管理・活用に注目が集まっています。ログの管理・活用は、内部統制が行き届いていることを証明するため、また不正アクセスなどのインシデントが発生していないことを日々確認するために不可欠です。しかしながら、多くの企業ではその必要性を認識しつつも、予算やスケジュール、要員不足などの理由で対応が出来ていないのが実情です。内部統制に対する意識の高い企業では、既にログ管理システムの導入を検討して実装段階に入っていますが、システム導入にかかる時間や投資規模を考えると、段階的強化のための機能拡張、統制レベルの維持などが課題として浮き彫りになっています。

JIECは、このような企業が抱える課題の解決策となるログ管理システムの機能をSaaSモデルでご利用いただける「Log Shelter」のサービス提供を開始しました。「Log Shelter」は、高機能なログ管理製品である「SenSage Enterprise Security Analytics」と、JIECのコアコンピタンスである「基盤技術」を活用しSaaS基盤を融合させた、高セキュリティで高品質なサービスです。これにより、初期投資を抑えた迅速なログ活用が可能となり、さらに今後を見据えた機能拡張、運用負荷の削減を図ることができます。また、レポート機能として、XML形式でデータを提供し、クライアント専用ソフト(xfy)を採用することで柔軟なログ活用を可能としています。

株式会社サンリツ様(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三浦正英、以下サンリツ)には、4月1日の正式サービス提供開始を前に「Log Shelter」をご利用いただいています。梱包を主軸に、運輸、倉庫、国際物流とシステム化した物流のトータルソリューションを展開されているサンリツでは、いち早く内部統制の整備・運用を実施され、ログ管理においては、短期間での立ち上げが可能であること、導入にかける要員調達が不要であることなどの理由から「Log Shelter」 をご採用いただきました。

JIECは、今後のサービス展開として、Windowsイベントログ及びLinuxログに加え、OS層のログを収集対象として拡張を図り、さらにDBログ、業務アプリケーションログについても順次対応する予定です。これにより、さらに多くの企業のニーズに応えるログ管理・活用サービスとして、内部統制対応を支援していきます。

■「Log Shelter(ログシェルター)」ご利用のメリット
1.初期投資を抑えたログ管理システムの利用
2.迅速なログ管理システムの利用
3.運用負担(作業、費用)の削減
4.法令やガイドライン変更への柔軟な対応

■ 「Log Shelter(ログシェルター)」の特長
1.高品質SaaS基盤による高信頼性サービス
2.SaaS(サービス)ならではのサポート・サービス保証
3.XML形式でのデータ提供による二次利用促進
4.内部統制に対応した定型レポートの提供

■ 基本料金
初期費用65万円(税別)~
基本設定・システム登録、収集対象ログ1種類、ログ送信サーバ1台を基本料金の条件とし、以降「サービス対象データ(収集ログ)の種別数」、「サービス対象データ(ログ)の送信サーバ数」により算出

月額サービス利用料15万円(税別)~
「月次ログ収集量3GB(日次データ受信量15MB)まで」かつ「蓄積ログ総量100GBまで」、またクライアント専用ソフト(xfy)1クライアント貸与を基本料金の条件とし、以降「月次ログ収集量(日次データ受信量)」と「蓄積ログ総量」により算出

*1「SaaS」  : ユーザが必要とするシステム機能を、ネットワークを通じて提供するサービス、
あるいは、そうしたサービスを提供するビジネスモデル。

「Log Shelter(ログシェルター)」は、現在登録商標申請中です。
その他記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
JIECが開発した「Log Shelter(ログシェルター)」は、ビジネスモデル特許申請中です。

■ ご賛同文をいただいたパートナー企業様
今回、「Log Shelter」への技術協力を表明いただいたパートナー企業様より、以下のエンドースコメントをいただいています。

・東京エレクトロン デバイス株式会社 CN事業本部 ソリューション事業部 事業部長 池田隆彦 様

弊社が国内総代理店としてSenSageの販売を開始してから、部門単位での利用やサービスでの提供といったご要望を多くいただいていました。JIECの「Log Shelter」はこのようなお客様の声に幅広くお応えできるものです。
「Log Shelter」はSenSageのログ高圧縮技術、検索のパフォーマンスなどWorldwideで採用されてきたコア技術を高信頼システム基盤上に構築してSaaSモデルで提供するという画期的なソリューションです。システム調達コスト、構築・運用コストを削減することができるため、SMB市場におけるログ管理システム利用を促進し、今後多くの方々にご利用いただけるプラットフォームになると確信しています。


以上

■ 株式会社JIECについて
代表取締役社長:古沼 政則
設立:1985年9月
社員数:774名(2007年9月現在)
本社:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル20階
URL:リンク

【「Log Shelter」に関するお問い合わせ先】
株式会社JIEC  製品ソリューション推進室
内部統制ビジネス推進グループ 高橋
TEL:03-5326-3900 FAX:03-5326-3903
e-mail: logshelter@jiec.co.jp

【本件に関する報道関係お問い合わせ先】
株式会社JIEC  技術統括本部
マーケティング企画グループ 広報担当 秀島
TEL:03-5326-3870 FAX:03-5326-3332
e-mail: pr@jiec.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Log Shelterサービス提供イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。