logo

Joe'sウェブホスティング、SSL証明書販売で、グローバルサインとパートナー契約を締結

株式会社Joe'sウェブホスティング 2008年03月28日 12時00分
From DreamNews

Joe'sウェブホスティング(JWH)は、グローバルサイン(GS)とパートナー契約を締結しました。JWH契約ユーザにGS製品のインストール無料、割引などの優遇サービスを行います。JWHは、2002年12月に英国Comodo社と再販契約を締結してから、「Comodo専売」を徹底してきましたが、多様なニーズにこたえるため、2008年3月からベリサイン、ジオトラストなどのブランドも提供を開始しています。

Joe'sウェブホスティング(JWH)は、SSL証明書販売で、グローバルサイン(GS)と
パートナー契約を締結しました。JWH契約ユーザにGS製品のインストール無料、
割引などの優遇サービスを行います。JWHは、2002年12月に英国Comodo社と
再販契約を締結してから、「Comodo専売」のポリシーを徹底してきましたが、多
様なニーズにこたえるため、2008年3月からベリサイン、ジオトラストなどのブラ
ンドも提供を開始しています。

2008年3月28日(金)から、Joe'sウェブホスティングのサーバー契約者が
リンク
からグローバルサインのSSL証明書を購入した場合、インストールが無
料となります(全共用サーバー、専用サーバーJoe'sの素)。

価格表
                 1 年            2年            3年
クイック認証SSL     23,100円        37,800円       51,450円
             (定価36,540円)    (定価69,300円)   (定価101,220円)

企業認証SSL      35,700円        61,950円        86,100円
             (定価62,790円)    (定価119,700円)  (定価175,350円)

また、2008年4月10日(木)14:30から大阪駅前第4ビル9階にあるJoe'sビジネスセンター( リンク )で開催されるProf. Joeセミナーで、SSL証明書の基礎に関して、グローバルサインの担当者の方に講演していただくことになっています。

【SSL証明書】

SSL(Secure Socket Layer)は、Netscape 社によって提案された、web サーバとブラウザの間のセキュアな通信を保証するために考案されたプロトコル(通信規約)を意味する。 盗聴となりすましを防ぐために、公開鍵暗号の技術を用いて、暗号化と実在証明を行う。クレジットカードの番号やパスワードを入力する際には暗号化が必要となる。また、 サイトの運営者が不明な場合、実在証明によって通信先を確認できる。http://で始まるURLは、SSLではないプロトコルで通信が行われる。しかし、https://で始まるURL(ブラウザによっては鍵マークが表示される)では、SSLの通信がなされる。


【株式会社Joe'sウェブホスティング 会社概要】
社 名:株式会社Joe'sウェブホスティング
責任者:代表取締役 鈴木 禎子
資本金:1,000万円
住 所:大阪本社およびJoe'sビジネスセンター大阪
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11番4-923号 大阪駅前第4ビル9F
東京支店およびJoe'sビジネスセンター東京
〒107-0062 東京都港区南青山2-11-13 南青山ビル4F
設 立: 2002年12月
契約ユーザ数17,000社、専用サーバー550台、専用SSL証明書4,000件発行
           リンク
           リンク
           リンク
           リンク

【SSL証明書に関するお問い合わせ】
株式会社Joe'sウェブホスティング
担 当: SSL証明書サービス提供チーム 川瀧
TEL : (06)6345-6070
E-mail: support@joeswebhosting.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。