logo

セキュアで使い勝手のいいLight Managedスイッチ CentreCOM GS900SSシリーズ新発売

最大21%消費電力を抑える省電力機能もサポート

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、レイヤー2ギガビットイーサネット・スイッチ「CentreCOM GS908SS/GS916SS/GS924SS」の出荷を3月24日より開始します。

CentreCOM GS908SS/GS916SS/GS924SSは、セキュリティー、および運用管理機能を強
化したデスクトップ向けの「セキュア・スマート(SS)」スイッチです。10/100/1000BASE-Tポー
トを8/16/24ポート装備し、GS916SS/GS924SSは2ポートがSFP(mini-GBIC)スロットとのコ
ンボ(共用)ポートで、オプション(別売)のSFPモジュールの追加によりギガビット光ポートの実装
が可能です。
CentreCOM GS908SS/GS916SS/GS924SSは、セキュリティー機能/運用管理機能など
SOHOや企業のワークグループ環境等に必要な機能に特化した、コストパフォーマンスの高い
レイヤー2ギガスイッチです。セキュリティー機能では、MACアドレスフィルタリングにより、不正な
端末を制限するポートセキュリティー機能とともに、IEEE 802.1X認証機能に対応します。
認証モードはSingle Host/Multiple Host/Multiple Authenticationに対応し、LANに
おけるユーザー認証が可能です。認証方式はMD5/TLS/TTLS/PEAPをサポートし、付加機能
としてIEEE 802.1XダイナミックVLANをサポートするなど、より強力なセキュリティーネットワーク
を実現します。
運用管理機能では、接続ミスなどで発生するネットワークのループを検出し、設定した動作(ポートディセーブルなど)を自動実行するループガード機能を搭載しています。ループ検出したポート番号をログで管理者に通知することにより、ループの原因特定/対策を容易にします。LDF検出では、特殊フレームの送受信によりループを検出し通知/動作を実行します。受信レート検出では、受信レートしきい値監視によりループを検出し、2段階の通知/動作を実行することができます。Telnet、PINGを実装し、遠隔でのネットワーク管理を可能にするとともに、Web GUIによりWebブラウザーを利用した管理・保守が可能です。ファームウェア/設定ファイルアップデートもFTP/HTTP経由で行えます。そのほか、通常運用時より消費電力を抑える省電力機能をサポートしています。リンクダウン中のポートの消費電力を制限することにより、自動的に省エネを実現します*1。機器単位で有効/無効の設定が可能です。GS916/GS924SSは、動作時温度50℃に対応し高温環境下への設置が可能です。GS908SSは、ファンレス設計で動作音が発生しないため設置場所を選びません。また、オプション(別売)の壁設置ブラケット、マグネットKit(GS908SSのみ対応)を使用することにより壁面に簡単に設置することができます。

*1 最大電力削減率:GS908SS(16%)、GS916SS(14%)、GS924SS(21%)---AC100V、全ポート未使用時の弊社測定値。
※ コンソール接続にはオプション(別売)のCentreCOM VT-Kit2 plusが必要です。

製品名         標準価格(税別)   リリース日
CentreCOM GS908SS  54,800円    3月24日
CentreCOM GS916SS    89,800円    3月24日
CentreCOM GS924SS 118,000円   3月24日

<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:0120-860442

<<ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社
マーケティング・コミュニケーション部
田中 利道
E-mail: totanaka@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6040
URL:リンク
アライドテレシス株式会社  東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事