logo

スマートフォンとOS市場

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが4月に刊行予定です。

スマートフォンセグメントは端末市場で急成長している。端末ベンダは、3-6ヶ月毎に新しいスマートフォンを販売している。スマートフォン機能を搭載した利益率の高い新しい端末がたくさん市場に参入しているため、新興企業はより短い期間に利益を得られる。端末のオペレーティングシステムに関心が集まっている。先進市場の普及率が高いため、キャリアがもはや価格や料金だけでは新たな加入者獲得の競争に勝てない。キャリアは自社の成長と加入者ベース維持のため、端末、サービス、ユーザーインターフェースといったあらゆるレベルで差別化を図る必要がある。また、キャリアは音声サービスだけでは成長を続けられないため、データ収益を強化する必要がある。従って、デバイスはより複雑なキャリアサービスをサポートするために発展しなければならず、そのためにOSが一層重要となる。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「スマートフォンとOS市場」は、スマートフォン市場を包括的に調査し、特にデバイス機能一式の拡張と進化するソフトウェアの主要な開発動向に焦点を当てている。また、ユーザーインターフェースを強化する特定の機能と技術などの重要なトピック、スマートフォンのドメインを侵害するオープンソースソフトウェアについて記載している。

◆調査レポート
スマートフォンとOS市場:端末メーカー、OSベンダ、モバイルオペレータ、半導体ベンダ、アプリケーション開発者
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。