logo

ホームオートメーションとホームセキュリティ

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが3月に刊行されました。

ホームオートメーション市場は、最新の技術規格、新たな企業、市場参入への道筋が主な促進要因となり、顧客層を引き付け始め、主流となりつつある。同時に、通信会社とブロードバンドサービスプロバイダは、従来のサービスを基に、提供するホームモニタリングとホームオートメーション管理サービスを組み合わせ、拡大させた。その結果、セキュリティ市場の企業は対応を余儀なくされ、従来のホームセキュリティ市場とホームオートメーション市場の関連性が強まっている。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「ホームオートメーションとホームセキュリティ」はこれらの市場動向を分析し、セキュリティ市場におけるホームオートメーションの出荷台数と収益、セルラー無線技術の利用増加について予測している。

◆調査レポート
ホームオートメーションとホームセキュリティ:2つの市場の境界線があいまいになり無線が市場牽引力を獲得
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事