logo

ウルトラワイドバンド接続

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが3月に刊行されました。

2007年後半、ついにウルトラワイドバンド(UWB)はハブとドングルアダプターキット、そして組み込みラップトップソリューションとなり、ワイヤレスUSB(Certified Wireless USB)サービスとして市場に登場した。

米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「ウルトラワイドバンド接続:半導体と機器の市場成長と潜在性」は、PC用UWB、PC周辺機器、家電、セルラー端末市場の需要の高まりについて述べている。セルラー端末市場には、明らかに大きな潜在性がある。また、今後ブルートゥースとUWBが統合される可能性について詳細に調査している。市場の促進要因や阻害要因から、規制や規格に及ぶ重要な市場環境を分析し、主要な半導体ベンダをプロファイルしている。巻末には、市場勢力の詳細な市場予測を数値で示している。

◆調査レポート
ウルトラワイドバンド接続:半導体と機器の市場成長と潜在性
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。